当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。このサイトの情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです(^^)

トーンモバイルのスマホは安かろう悪かろうですか?

※ 新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。

TONEのスマホは月額1000円の料金だけで『ギガ無制限モバイルWi-Fiルーター代わり』として使えて「テレワーク(在宅勤務)」のネット回線としても使えるため爆発的な人気になっています。

↑↑公式サイト、申込みはこちらから↑↑

在庫がなくなり次第 新規申込みの受付が休止となり、TONEのスマホが入手できなくなりますので今のうちに手に入れておくことを強くおすすめします。

ツタヤが販売しているトーンモバイルのスマホは月額料金1000円だけでネットもLINEも使い放題という内容なので安かろう悪かろうかな?と思ってしまいます。

武中
私も家族で乗り換える前はそう思っていました。

結論から先に書くとTONEのスマホは価格以上のものとなっていて利用者からの評判はとても良いものになっています。

はじめてのスマホや子供に持たせるスマホ、シニア向けスマホとしても最適でTONEのスマホ以上のコストパフォーマンスが良いスマホは存在しません。

武中ママ
月額1000円で使い放題で子供の見守り機能や制限機能があってテザリングも使い放題なので他のどの格安スマホよりもお得で無駄がありません。

TONEのスマホの公式サイトで詳しくチェック>>

トーンモバイルのスマホは価格以上の満足度でコスパ最高

我が家も家族全員で使っているトーンモバイルのスマホは価格以上の満足度でコスパがとても高いです。

端末代と初期費用を除きトーンモバイルのスマホは月額料金1000円だけでインターネットもSNSもLINEも電話も使い放題です。

またはじめてスマホを使う方、高齢者の方、子供に持たせるスマホとして最適なように設計されているためとても使いやすくとにかく簡単で、

文字サイズが大きくて、月額料金安くて、音声が聞き取りやすくて、子供の見守り機能があることの条件をすべて満たしているのは月額1000円だけで利用できるTONEのスマホだけです。

通信エリアは大手キャリアのドコモと全く一緒

トーンモバイルのスマホは月額料金1000円だけで利用できるスマホです。

料金が安いため品質も悪いのではと思うかもしれませんが、通信エリアやつながりやすさ、通信品質、通話品質もドコモと全く同じです。

トーンモバイルが月額料金を安くできるている理由は、自社で基地局や交換機、アンテナなどの設備を持っていないからです。

すべての設備はドコモから借りて使っているので自社で設備を用意するコストが無いことから安くサービスを提供することができています。

またdocomoやau、ソフトバンクのように店舗を持っていないため店舗に必要な費用や人件費がかからないからです。

インターネット使い放題

トーンモバイルんのスマホがはじめてのスマホやインターネットを多用するユーザーにも幅広く人気があるのはインターネット使い放題だからです。

容量制限も3日制限(3日で300MB以上通信したら速度制限がかかる)なども一切なくどれだけインターネットを使ってもYoutubeやニコニコ動画などで動画をみても一切制限されることはありません。

テザリングも無料で使い放題

トーンモバイルはテザリングも無料で使い放題です。

TONE e20もTONE e19もどちらの機種も最初からテザリングができる状態で出荷されています。設定メニューからテザリングをONにするだけで簡単にタブレットや他のスマホ、パソコンやゲーム機などをインターネットに繋げることができます。

そのためトーンモバイルのスマホを持っていれば新規に格安SIMやモバイルルーター、ポケットWiFiなどを購入する必要はありませんし、フリーWiFiスポットを探す必要もありません。

テザリングもどれだけ利用しても通信速度制限はかかりませんので自宅のインターネット代わりに使っている方や家庭も多くあります。

スマホとして契約してるトーンモバイルのスマホで自宅のインターネットもまかなえてしまうスマホなので大幅な通信費の節約ができます。

利用できるアプリは他のAndroidスマホと全く同じ

トーンモバイルのスマホは利用者の年齢に応じてホーム画面が切り替えられるよになっていることとはじめてのスマホユーザーや高齢者でも使いやすいよにカスタマイズされているので機能がすくないスマホかと思ってしまいがちですが、中身は他のAndroidスマホと全く同じです。

そのため他のAndroidスマホと同じようにGoogle Playからゲームやアプリを自由にダウンロードしてインストールすることができます。

LINEやTwitter、Facebook、Twitter、ヤフオク、メルカリ、radiko、グーグルマップなどGoogle Playにあるアプリであればどのようなアプリでもダウンロードしてインストールすれば利用可能です。

【保存版】TONEモバイルでLINEを使う方法手順まとめ

TONEモバイルのスマホの性能

TONEモバイルは現在TONE e20とTONE e19の2機種の販売となっています。

TONE e19の一機種のスマホが販売されていましたが2月20日にTONE e20の新機種が発売開始となり、契約申し込み時にTONE e19とTONE e20の2つから選択ができるようになりました。

TONEモバイルの端末中の端末
  • TONE e20: 販売中 おすすめ!
  • TONE e19: 販売中
  • TONE m17: 販売終了
  • TONE m15: 販売終了
  • TONE m14: 販売終了

どちらのスマホも高性能ですがTONE e20はTONE e19と同じ価格ですが最近機種ということもあり性能がアップしています。

武中
どちらの同じ端末価格なのでTONE e20がおすすめです。

【保存版】TONE e20とTONE e19の違い比較と選び方

【保存版】TONEトーンモバイルの申し込み契約方法・手順まとめ

TONEのスマホ「TONE e20」は最新の高性能スマホ

TONE e20はTONE e19をさらに高性能にしてスペックアップした最新の高性能スマホです。

どのようなゲームやアプリでもさくさくと動作させることができます。

TONE e19との一番大きな違いはカメラ性能

TONE e19からすべての部分で性能がアップしていてカメラは大幅に性能アップしました。

TONE e19とTONE  e20は同じ値段なのでTONE e20を選ばないと損をします!

TONEのe20は最初からテザリングも無料で使い放題でポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)として使えるので通信費も安くすみます。

TONEのスマホ「TONE e19」は高性能スマホ

TONE e19も高性能スマホなので、LINEやポケモンGO,3Dゲームなど快適にプレイができて自分が使いたいアプリを自由にインストールして使うことができます

普通のAndroidスマホと中身は全く同じで好きな用にアプリをいれたりカスタマイズすることも可能です。

TONEのe19も最初からテザリングも無料で使い放題でポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)として使えるので通信費も安くすみます。

値段は一括払いで19,800円で分割払いでも選べ安全サービス「TONE あんしん AI」にも対応していて位置情報や行動履歴がわかり、アプリやスマホの制限もできるため子供や家族に持たせても安心の内容になっています。

TONE e20とTONE e19の詳細な内容とレビューは以下のページでまとめています。

TONE e20とTONE e19の比較と違い

製品名トーンモバイル TONE e20トーンモバイル TONE e19
発売日2020年02月20日2019年03月01日
価格19800円
キャリアSIMフリー
デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)LTE+LTE、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)4G+3G
スロットnanoSIMx2、2ndスロットはmicroSDと排他利用nanoSIMx2+microSDのトリプルスロット
シリーズTONE(トーン)
発売時のOSAndroid 9.0Android 8.1
SoC(プロセッサー)CPU: MediaTeK Helio P22 MT6762WB オクタコア (2.0GHz)CPU: Snapdragon 450 オクタコア (8×1.8GHz)
ストレージ64GB、microSDカードで320GBに増量可能32GB、microSDカードで288GBに増量可能
外部メモリーmicroSDXC(256GB)
RAM4GB3GB
バッテリー容量3900mAh4000mAh
生体認証指紋認証(背面に設置)、顔認証
モニター6.26インチ、HD+(1520x720ドット)、比率19:9/19.5:95.93インチ、HD+(1512x720ドット)、比率約19:9
パネル液晶ディスプレイ、水滴型ノッチ液晶ディスプレイ、台形型ノッチ
Wi-FiIEEE 802.11 b/g/n
対応バンドLTE: 1 / 3 / 5 / 8 / 18 / 19 / 26 / 28 / 38 / 41、3G: 1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19LTE: 1 / 3 / 19 / 28、3G: 1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
Bluetooth対応(4.2)
NFC非対応対応
GPS対応
背面/アウトカメラ1200万画素 (標準)+1300万画素 120° (超広角)+200万画素1200万画素 (標準)+500万画素 (深度測定用の予想)
カメラ機能TONEカメラ(AIが不適切な写真撮影をブロック)マルチフレーム処理&ブレ防止、AI調整機能、ポートレートモード、背景ぼかし、LEDフラッシュ
正面/インカメラ800万画素
コネクターmicroUSB
3.5mmヘッドホンジャック搭載
防水・防塵機能非対応
テレビ(ワンセグ/フルセグ)非対応
ハイレゾ
共通機能AI機能、ユーザー見守り機能「TONEあんしんAI」、置くだけサポート
その他加速度、重力、光、近接、ジャイロ、ホール、ステップカウンター、デュアルマイク、ブロックチェーン関連技術「The Log」歩数計、動き検知、歩行検知、あんぜんオススメ(位置情報データを元にAIが設定エリアをお勧め)、あんしんレポート(歩きスマホの発生場所を地図上に表示)、エリアアプリロック(設定したエリアでアプリ利用を制限)
76.5mm73.1mm
高さ159mm153.6mm
奥行き(厚み)8.2mm8.9mm
質量(重さ)175g167.5g
カラーホワイトのみ

※表は横スクロールできます。

※赤字部分が性能アップした部分です。

【必見】子供用のはじめての格安スマホは「TONE」が選ばれている理由

TONEモバイルの公式サイトでもっと詳しく>>

※ 新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。

TONEのスマホは月額1000円の料金だけで『ギガ無制限モバイルWi-Fiルーター代わり』として使えて「テレワーク(在宅勤務)」のネット回線としても使えるため爆発的な人気になっています。

↑↑公式サイト、申込みはこちらから↑↑

在庫がなくなり次第 新規申込みの受付が休止となり、TONEのスマホが入手できなくなりますので今のうちに手に入れておくことを強くおすすめします。

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。このサイトの情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです(^^)

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけるとうれしいです(*^^*)