当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。このサイトの情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです(^^)

【必見】トーンモバイルのスマホ「TONE」は子供のコミュニケーション能力低下しないスマホ

結論から先に書くと、子供のコミュニケーション能力が低下しないスマホはトーンモバイルのスマホ「TONE」です。

「利用時間制限」「アプリ制限」「インターネット利用時間制限」「GPSでの見守り機能」がついている子供の見守り専用スマホで家庭で決めたスマホのルール通りにしかスマホを使えない見守りスマホだからです。

親が細かくスマホの利用制限ができるため学校や塾などでのスマホの使い方を制限できますし、自宅でもスマホを利用できる時間やゲームやYouTube、SNSの1日で利用できる時間を制限できるのでコミュニケーション能力の低下を防ぐことができます。

普通のスマホとトーンモバイルのスマホ「TONE」の違い
  • 普通のスマホ: スマホを使い放題なのでコミュニケーション能力低下がありえる
  • トーンモバイルのスマホ: 家庭のルール通りに制限できるのでコミュニケーション能力低下を防げる

例えばゲームは1日1時間、YouTubeは1日30分、スマホを使える時間は21時まで、学校にいる8:30〜17:00の時間はスマホを使えないようにロックするという使い方ができるので

「スマホ依存症」「スマホ中毒」「子供がスマホを離さない」というスマホをもたせた時によるあるトラブルをなくすことができます

トーンモバイル公式サイトでもっと詳しく>>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トーンモバイルのスマホ「TONE」はアプリやスマホ自体の利用時間を制限できる

トーンモバイルのスマホ「TONE」はアプリの利用時間を制限できるだけでなく、子供がダウンロードしたアプリを勝手に利用できないように制限ができるため家庭での会話やコニュニケーションが減ることがなく「子供のコミュニケーション能力が低下しないスマホ」としてママの間で爆発的な人気があります。

YouTubeが見れるアプリのインストールのすべてがインストールできないように制限ができるので抜け道がありません。

武中
正確には、アプリを使うときには親にリクエストが送信されて、親がアプリの利用を承認するまで使うことができなくなっています。

この制限機能は親がトーンモバイルのスマホ以外のスマホを使っている場合でも使うことができます。

そのため子供がどのようなアプリをダウンロードしたのか、どのアプリを何時間使ったのかなどを把握することができます。

トーンモバイル以外のスマホはこのような制限をかけることはできないため子供が勝手に有害なアプリやゲームをインストールして、

家族の会話がなくなったりスマホのやりすぎて成績が下がったりしますがトーンモバイルのスマホ「TONE」は制限機能が充実しているためそのような事態を防ぐことができます。

武中ママ
たとえばこの画面では、LINEとYouTubeの利用を子供から親にリクエストされていますが私は許可をしていません。
武中ママ
ポケモンGOなどのゲームは1日1時間までに制限しています。

トーンモバイルのスマホ「TONE」は家庭で決めたスマホのルール通りに制限できる

トーンモバイルのスマホ「TONE」は親子で決めたルールのとおりにスマホを制限できるため子供のコミュニケーション能力低下を抑制できます。

トーンモバイルのスマホ「TONE」は家庭で決めたスマホの利用ルールの通りに強制的にスマホやLINE、YouTubeなどのアプリを使えないように制限出来きる仕組みがあるスマホです。

小学生や中学生の子供に持たせる初めてのスマホとして家庭で決めたスマホのルールが守れる!という理由で爆発的な人気になっています。

「親子の約束」の用紙を撮影すると、子供のスマホにスマホのルールの内容が反映されます。

スマホ自体の制限「夜10時から朝6時までの間はスマホを使わせない」という制限も簡単にできます。

トーンモバイルのスマホには『親子の約束』というファッション雑誌「VERY」とコラボレーションして開発されたスマホの制限機能があり、特定のアプリやスマホ自体を家庭で決めたルールの通りに制限をかけられるので親に隠れてコソコソとスマホを使うとういうことがなくなります。

↑このように特定のアプリを家庭で決めたルール以外使えないように制限できる

トーンモバイルのスマホはスマホを利用する初期設定で利用者登録の年齢の12歳以下(中学生になるまで)にすると

午後10時から午前6時までは自動的にスマホが利用できないようにロックをかけることが出来ます。

武中ママ
またこのスマホの時間制限の時間は自由に親が変更できます。子供は変更できません。

そのため夜更かししてスマホをしたりスマホ依存、勉強をしないなどといったことから解消されます。

TONEは家庭のルール通り子供がスマホを使えないようにできる

子供はスマホ依存の自覚があってスマホを使っている

セントラル警備保障株式会社がスマホを所持する小学校高学年から高校生の子を持つ首都圏在住の男女 400名(小学校高学年の子を持つ父親・母親50名ずつ、中学生の子を持つ父親・母親75名ずつ、高校生の子を持つ父親・母親75名ずつ)に対して行ったアンケート結果によると、

子供はスマホ依存を自分で自覚して使っているということがわかっています。スマホ依存だけでスマホやゲーム、SNSが楽しすぎて使うのがやめられないという感じです。

普通のスマホとトーンモバイルのスマホ「TONE」の制限機能
  • トーンモバイル以外のスマホ: スマホの利用時間制限、利用制限ができない
  • トーンモバイルのスマホ: 親がスマホの利用時間制限、利用制限、管理ができる
武中
普通の利用時間制限ができないスマホだと子供が自由にスマホを使えてしまうため、家庭でのコミュニケーションの時間が減り、子供のコミュニケーショ能力が低下します。

「子供がスマホを離さない」「寝る時もスマホを枕元に置いている」「移動中もスマホをずっと触っっている」などスマホ依存症の状態で使っている家庭が多くなっています。

これは時間制限のできない普通の家庭で起こっている問題で、スマホの時間制限、利用制限ができるトーンモバイルのスマホを与えている家庭は親が設定したルールでしかスマホを使うことができないのでこのようなスマホ依存症は起きません。

ほとんどの家庭では子供のスマホを与える時に家庭のルールを決めて渡していますが約6割以上の子供がルールを破っていて「スマホ依存症」や「スマホ中毒」「家庭のコニュニケーションの低下」が問題になっています。

トーンモバイルのスマホ「TONE」は制限機能・見守り機能が充実している

トーンモバイルでできる「子供のスマホの利用制限」

多くの子供向けスマホがありますが、最初から子供のインターネットやスマホ自体の利用制限、アプリのインストールや利用時間制限はできるはトーンモバイルのスマホ「TONE」だけです。

トーンモバイルのスマホの「子供のスマホ利用制限」の機能詳細
  1. アプリの使用制限(特定のアプリを起動・インストールできないようにする)
  2. アプリの利用時間制限(利用できる時間をアプリごとに設定できる)
  3. 子供の居場所、現在位置をいつでもGPSで確認できる
  4. 歩きスマホの警告機能(歩きスマホをしていると検知して警告)
  5. 無料のダウンロード可能、有料アプリは不可制限
  6. 特定のサイトを表示できないように制限(Webフィルタリング)
  7. インターネットの利用時間制限(特定の時間しかネットができないようにする
  8. アプリダウンロードの親への通知機能(アプリをダウンロードしたら通知がくる)
  9. アクセスしたWEBサイトの内容を確認する(子供が履歴を消しても確認可能)
  10. 指定の時間以外はスマホをロックして操作できないようにする(親への連絡は可能)
  11. 指定のスマホを使わせたくない場所はスマホをロックして操作できないようにする(親が自由に設定可能)
  12. LINEやYoutubeなどのアプリの利用時間制限

トーンモバイルのスマホはこれらの機能が最初からすべて無料で利用できます。

トーンモバイルのスマホ「TONE」は子供向けに「最適なスマホ」なので子供会推薦スマホとして指定されています。

普通のAndroidスマホを専用の制限アプリを使ってこれらの制限をかけると制限をかけるアプリが有料ですべて自分でインストールして設定をしないといけないので

すごく手間がかか専門の知識がないと設定することができません。

親のスマホから子供や家族の現在位置や居場所、行動履歴を確認できる

塾や学校からの帰りが遅い時や、どこに遊びに行っているのかわからない時に親のスマホやパソコン(PC)から確認できるので見守りの意味でもトーンモバイルのスマホをもらせておけば安心できます。

この画面は管理者(親)が子供の現在位置を確認するためにパソコンからログインした時の画面です。この地図上にGPSで取得した子供の現在位置が表示されます。

このように何時にどこにいたのかも記録されているので子供の行動を把握することも可能です。

武中ママ
現在の子供の場所だけでなく過去にどの場所にいたのかと行動履歴が記録されていて地図で見れるのでとても便利です。変な場所に行っていたら帰ってきてから問い詰めています笑

トーンモバイルのスマホは親(保護者)が利用制限を設定できる

トーンモバイルのスマホ「TONE」は「親子の約束」でもゲームやアプリの時間制限ができますがTONEファミリーという機能でもさらに柔軟に制限できます。

武中ママ
「親子の約束」で対応していないアプリでもすべてのアプリが制限できます。

トーンモバイルのスマホ「TONE」はアプリやスマホ自体の利用時間制限をしたりインターネット利用時間制限をしたりアプリを勝手に使用できないようにしたり利用できる時間を制限できるので制限することで解決します。

たとえばLINEを使用できる時間を7時から19時までに制限して、ポケモンGOを利用できる時間を1日1時間に制限しています。

武中ママ
そもそもLINEやYouTubeなどのアプリ自体を利用できないように制限したりすることも可能です。

「アプリを使っていいのは夕方の30分だけ」「インターネットを使って良いのは1日3時間まで」「22時から朝7時まではスマホ利用禁止」など制限をすることができます。この制限は親にしか設定、解除できません。

また、Webフィルタリングの機能やアプリの制限機能を利用して、有害なサイトや情報にアクセスしないよう設定したり、利用してほしくないアプリを使わせない、インストールできないように制限をすることができるので子供に安心して渡せる唯一のスマホなのです。

【保存版】子供とスマホのルールを決めても守ってくれない時の対策まとめ

親は子供がどれだけアプリを使っているかを稼働時間から確認できるので子供のアプリの利用状況を簡単に把握することができます。

また学校や塾などの特定の場所でスマホ自体を使えないようロックをかけることも可能です。

トーンモバイルのスマホは月額1000円の料金にこれらの機能がすべて含まれているのでとてもお得に利用できます。トーンモバイルのスマホは国子ども会連合会推奨商品の認定をスマホで唯一認定されているスマホなので実績と信頼があるスマホなのです。

【必見】子供のLINEの利用制限・時間制限ができるスマホの使い方と手順

【安心】子供の居場所・現在地を確認できるスマホ!機能と使い方詳細!

はじめての子供用スマホとして約7割の人がトーンモバイルのスマホ「TONE」を選んでおり子供用のスマホとしてこれ以上にベストなスマホはありません。しかも月額料金は1000円だけと家計にもやさしいととても良い評価を得ています。

まとめ: トーンモバイルのスマホ「TONE」は家庭のコニュニケーション能力の低下が防げる

普通のスマホとトーンモバイルのスマホ「TONE」の制限機能
  • トーンモバイル以外のスマホ: 子供が自由にスマホが使える>コニュニケーション能力低下
  • トーンモバイルのスマホ: 家庭で決めたルール通りにしかスマホが使えない>子供のコミュニケーション能力が低下しない

トーンモバイルのスマホはこれらの制限機能、フィルタリング機能、見守り機能が最初からすべて無料で利用できます。

月額1000円以外の基本料金以外なにもかかりません。

武中ママ
月額1000円でもらせられる格安スマホはトーンモバイルのスマホ以外ありません

そのためはじめての子供用スマホとしては一番選ばれています。

【保存版】小学生・中学生にはじめて持たせるスマホランキング!ナンバー1

インターネット使い放題、電話使い放題の基本料金込みで月額1000円なので家計にとても優しくなっています。安かろう悪かろうではなく安くても高品質をはじめて実現したのがトーンモバイルなのです。

子供用スマホとしてほとんどの人がトーンモバイルのスマホを選んでおり子供用のスマホとして必要な機能は最初からすべて盛り込まれています。

スマホの利用時間制限、アプリのインストール制限、GPSでの居場所確認機能、子供のスマホの利用状況管理機能などがすべて最初からついていて月額1000円だけで使うことができます。

トーンモバイル公式サイトでもっと詳しく>>

※ 新型コロナウイルスの自粛の影響と一部学校の再開で爆発的な人気になっています。

TONEのスマホは月額1100円の料金だけで『SMSと090電話付き』『ギガ無制限モバイルWi-Fiルーター代わり』として使えて「リモート授業」のネット回線&スマホとしても使えるため爆発的な人気になっています。

↑↑公式サイト、申込みはこちらから↑↑

在庫がなくなり次第、新規申込みの受付が休止となり、TONEのスマホが入手できなくなりますので今のうちに手に入れておくことを強くおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。このサイトの情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです(^^)

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけるとうれしいです(*^^*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク