当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

TONEは家庭のルール通りスマホを時間以外使えないようにできる

TSUTAYAが販売するスマホ『TONE』は家庭で決めたスマホの利用ルールの通りに許可した時間以外は強制的にスマホやLINE、YouTubeなどのアプリを使えないように制限出来ます

武中ママ
子供にスマホを与えたけど親と決めたスマホの利用ルールを守ってくれなくて困っていませんか?
武中ママ
家も子供にスマホをもたせる時にスマホの利用ルールを決めましたが守られなくてスマホばっかりやっていたのでスマホの制限ができるTONEのスマホに替えたら解決しました

TSUTAYAが販売するスマホ『TONE』は特定のLINEやYouTube、Twitter、TikTokなどのアプリの利用時間制限、そもそもインストールできないように制限、スマホ自体の時間制限など、したいと思う制限はすべて柔軟にできるスマホです。

武中ママ
子供の現在位置や行動履歴も親のスマホから確認ができる機能もフィルタリング機能もついて月額1000円だけで使えるので子供の初めてのスマホとして爆発的な人気になっています。

TONEのスマホはルール通りスマホを時間以外使えないようにできる

TSUTAYAが販売するスマホ『TONE』は家庭で決めたスマホの利用ルールの通りに強制的にスマホやLINE、YouTubeなどのアプリを使えないように制限出来きる仕組みがあるスマホです。

小学生や中学生の子供に持たせる初めてのスマホとして家庭で決めたスマホのルールが守れる!という理由で爆発的な人気になっています。

TONEのスマホには『親子の約束』というファッション雑誌「VERY」とコラボレーションして開発されたスマホの制限機能があり、特定のアプリやスマホ自体を家庭で決めたルールの通りに制限をかけられるので親に隠れてコソコソとスマホを使うとういうことがなくなります。

↑このように特定のアプリを家庭で決めたルール以外使えないように制限できる

また、

「親子の約束」で制限できるアプリ一覧

TONEの『親子の約束』で制限できるアプリ一覧は以下のとおりです。

これ以外のアプリもTONEのスマホでは他の制限機能ですべてのアプリが柔軟に制限できます。

「親子の約束」で制限できるアプリ一覧
  • LINE
  • Chrome(ブラウザ)
  • メッセージ(SMS)
  • TSUTAYAアプリ
  • Yahoo!Japan
  • Yahoo!天気
  • Yahoo!乗換案内
  • LINEカメラ
  • LINE MUSIC
  • Instagram
  • Twitter
  • Mix Channel
  • スノー
  • LINE ディズニーツムツム
  • モンスターストライク
  • パズル&ドラゴンズ
  • Pokemon GO
  • 妖怪ウォッチ ぷにぷに
  • クラッシュロワイヤル
  • QRコードリーダー
  • テレビ
  • おサイフケータイ
  • 設定アプリ

「親子の約束」での子供のスマホの時間制限のやり方

TONEの制限機能「親子の約束」を使って子供のスマホのアプリの時間制限のやり方は簡単で、

TONE『スマホ親子の約束』用紙PDFを印刷して、子供と相談しながらどのアプリを何時の間だけなら使っていいか相談して「親子の約束」の用紙に記載します。

記載したら、親のスマホにインストールした「TONE見守りアプリ」を起動して記載した「親子の約束」の用紙を撮影したら、自動的に設定内容が読み込まれて、設定できます。

TONE見守りアプリをまだインストールしていない場合はApp Store(iOS向け)またはGoogle Play(Android向け)から「TONE見守りアプリ」をタップするとダウンロードできます。

「親子の約束」の用紙を撮影すると、子供のスマホにスマホのルールの内容が反映されます。

スマホ自体の制限「夜10時から朝6時までの間はスマホを使わせない」という制限も簡単にできます。

また、「親子の約束」で消えた内容を変更したい場合も写真撮影後に「TONE見守りアプリ」側で自由に変更することができます。

参考:「親子スマホの約束」の記入と設定方法

子供のスマホの時間制限できるスマホはTONEモバイル

夜子供がスマホを利用できないようにロックができる

TONEモバイルのスマホははじめて子供に持たせるスマホとして最適なスマホに設計されていて、例えば夜間に子供にスマホを使わせないように制限をかけたり、スマホを利用する初期設定で利用者登録の年齢の12歳以下にすると午後10時から午前6時までは自動的にスマホが利用できないようにロックがかかります。

もちろんこのロックをかける時間や内容は保護者(親)が自由に変更して柔軟に設定できるようになっているため安心して子供にスマホを持たせられるとよい評判になっています。

子供用スマホとして選べている格安スマホ
  • はじめての子供用のスマホ=TONEモバイル

というほど選ばれており、他にも現在位置をGPSで親がいつでも確認できる機能や、アプリの利用制限、有害サイトのフィルタリング、行動記録の確認などの機能も最初から搭載されていて子供会推薦スマホとしても選ばれている子供に持たせるのに最適なスマホになっています。

【安心】子供の居場所・現在地を確認できるスマホ!機能と使い方詳細!

武中ママ
家の子にはこの制限を使って夜22時〜朝6時まではスマホを使えないように制限しているので安心してスマホをもらせられます。いつでも子供の居場所が自分のスマホからわかるので安心できます。

小学生や中学生の子供が夜にスマホを使えないように制限できる

TONEモバイルのスマホはスマホを利用する初期設定で利用者登録の年齢の12歳以下(中学生になるまで)にすると

午後10時から午前6時までは自動的にスマホが利用できないようにロックをかけることが出来ます。

武中ママ
またこのスマホの時間制限の時間は自由に親が変更できます。子供は変更できません。

そのため夜更かししてスマホをしたりスマホ依存、勉強をしないなどといったことから解消されます。

TONEのスマホは特定の一部のサイトを繋ががらないようにできる

TONEモバイルのスマホは特定のサイトを子供が見れいないように制限ができるフィルタリング機能が最初から用意されていて無料で使えます。

TONEモバイルのスマホで特定のサイトを子供が見れないようにフィルタリングをしたサイトを子供が見ようとすると、以下のような画面がでて有害サイトが見れません。

武中ママ
以下の画面は親が制限したゲームサイトを子供が見ようとして制限された画面です

「許可をもらう」ボタンを押すと親のスマホに許可申請のメールが送信されて「許可」をした場合のみ子供が見ることができます。

また、子供がどのようなサイトにアクセスしているのかも確認可能です。

武中ママ
スマホが普及したことで、いつでもどこでも、どんな情報でも見られるようになった現在ではこのような親が子供を守ってあげることが大切なのです。子供を守るためにはフィルタリングがすごく大切です。
子供にスマホを与えるもたせる時に必須なのがフィルタリング機能です。 有害なサイトやアダルトなサイト、出会い系サイト、アダルトサ...

TONEモバイルのスマホは最初からフィルタリングができる

はじめて子供にスマホを持たせるときは子供が有害なサイトを見ないか、詐欺にあわないかが心配かと思います。特に近年は子供がスマホのインターネットを通じて犯罪や詐欺に合うケースが増えています。

ほとんどの格安スマホがフィルタリングを導入していないなか、TONEモバイルのスマホは最初からフィルタリングが用意されています。

例えば他社はフィルタリングアプリを利用する場合や、自分で導入する場合は有料で安くても月額400円かかります。自分で導入する場合も知識が必要でよくYahoo!知恵袋などで苦労している質問をみかけます。

TONEモバイルのスマホは最初からフィルタリング機能が用意されています。

18歳以下の子供のスマホにフィルタリングが法律で義務化されている

2009年4月より18歳以下の子供にスマホをもたせる場合はフィルタリング機能を導入することが義務化されました。

Q 携帯電話・スマートフォンにおけるフィルタリングの設定について、法律ではどのように規定されていますか?

A 携帯電話事業者は、「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」により、青少年(18歳未満の者)が利用する携帯電話・スマートフォンの契約をする場合、保護者からフィルタリングサービスを不要とする申出がない限り、フィルタリングサービスを提供することを義務付けられています(第17条1項)。

保護者についても、青少年に使用させる携帯電話の契約時に、使用者が青少年であることを携帯電話事業者に申告する義務があります(第17条2項)。保護者は店頭でフィルタリングの説明をよく聞き、フィルタリングを利用するかどうかについて、よく考えた上で責任を持って判断をすることが大切です。

大手キャリアや格安スマホはフィルタリングが高価

大手キャリアや他の格安スマホでもフィルタリング機能をオプションでつけることができます。

しかし、とても高価で、docomo、au、ソフトバンクの大手キャリアの場合子供用スマホで月額4000円〜5000円となっています。さらにこの価格でもフィルタリング機能が導入されてない場合の月額料金で、さらに月額2000円程度のオプション料金がかかります。

これはとても負担で賢い人はTONEモバイルのスマホを選んでいます

また、他社の他社の格安スマホもありますが子供向けをターゲットにしていないためフィルタリング機能は有料で月額2000円ほどの料金が追加でかかるためかなり高価になります。

TONEモバイルのスマホは月額1000円だけで利用可能

TONEモバイルのスマホは月額1000円だけという驚異的な低価格で使えるため大幅な家計の節約ができ子供の数が多くても全員に安心してもらせられると

はじめての子供のスマホ=TONEモバイルのスマホ」というほど選ばれています。

TONEモバイルは大手レンタルショップのTSUTAYAが展開しているスマホで子供向けスマホとして最初からフィルタリング機能や、子供の現在位置の確認、アプリのインストールや利用時間の制限、インターネットの利用時間の制限などが最初からできるスマホです。

TONEモバイル(トーンモバイル)の子供向け機能一覧
  • エアノック・・・子供がスマホを見ているか確認できる
  • 現在地確認・・・子供の現在位置をGPSでリアルタイムに確認できる
  • ジオフェンス機能・・・塾や学校、自宅に到着したときに親に通知ができる
  • アプリの制限・・・アプリのインストールやダウンロード、利用時間の制限ができる
  • インターネット利用時間制限・・・インターネットが使える時間を制限できる
  • フィルタリング機能・・・インターネットの有害サイトのフィルタリングができる

月額1000円でもらせられる格安スマホはTONEモバイルのスマホ以外はありません。そのためはじめての子供用スマホとしては一番選ばれています。

インターネット使い放題、電話使い放題の基本料金込みで月額1000円なので家計にとても優しくなっています。安かろう悪かろうではなく安くても高品質をはじめて実現したのがTONEモバイルなのです。

子供にはじめてのスマホを持たせたい!と思った時に親が心配するのは有害なサイトをみないかサイトから悪影響を受けないかではないでしょうか...

TONEのスマホは制限機能・見守り機能が充実している

TONEモバイルでできる「子供のスマホの利用制限」

多くの子供向けスマホがありますが、最初から子供のインターネットやスマホ自体の利用制限、アプリのインストールや利用時間制限はできるはTSUTAYAのスマホTONEだけです。

子供向けに最適なスマホなので子供会推薦スマホとして指定されています。

TONEモバイルの「子供のスマホ利用制限」の機能詳細
  1. アプリの使用制限(特定のアプリを起動・インストールできないようにする)
  2. アプリの利用時間制限(利用できる時間をアプリごとに設定できる)
  3. 子供の居場所、現在位置をいつでもGPSで確認できる
  4. 歩きスマホの警告機能(歩きスマホをしていると検知して警告)
  5. 無料のダウンロード可能、有料アプリは不可制限
  6. 特定のサイトを表示できないように制限(Webフィルタリング)
  7. インターネットの利用時間制限(特定の時間しかネットができないようにする
  8. アプリダウンロードの親への通知機能(アプリをダウンロードしたら通知がくる)
  9. アクセスしたWEBサイトの内容を確認する(子供が履歴を消しても確認可能)
  10. 指定の時間以外はスマホをロックして操作できないようにする(親への連絡は可能)
  11. 指定のスマホを使わせたくない場所はスマホをロックして操作できないようにする(親が自由に設定可能)
  12. LINEやYoutubeなどのアプリの利用時間制限

TONEモバイルはこれらの機能が最初からすべて無料で利用できます。

普通のAndroidスマホを専用の制限アプリを使ってこれらの制限をかけると制限をかけるアプリが有料ですべて自分でインストールして設定をしないといけないので

すごく手間がかか専門の知識がないと設定することができません。

親のスマホから子供や家族の現在位置や居場所、行動履歴を確認できる

塾や学校からの帰りが遅い時や、どこに遊びに行っているのかわからない時に親のスマホやパソコン(PC)から確認できるので見守りの意味でもTONEのスマホをもらせておけば安心できます。

この画面は管理者(親)が子供の現在位置を確認するためにパソコンからログインした時の画面です。この地図上にGPSで取得した子供の現在位置が表示されます。

このように何時にどこにいたのかも記録されているので子供の行動を把握することも可能です。

武中ママ
現在の子供の場所だけでなく過去にどの場所にいたのかと行動履歴が記録されていて地図で見れるのでとても便利です。変な場所に行っていたら帰ってきてから問い詰めています笑

TONEのスマホは親(保護者)が利用制限を設定できる

TONEのスマホは「親子の約束」でもゲームやアプリの時間制限ができますがTONEファミリーという機能でもさらに柔軟に制限できます。

武中ママ
「親子の約束」で対応していないアプリでもすべてのアプリが制限できます。

TONEのスマホはアプリやスマホ自体の利用時間制限をしたりインターネット利用時間制限をしたりアプリを勝手に使用できないようにしたり利用できる時間を制限できるので制限することで解決します。

たとえばLINEを使用できる時間を7時から19時までに制限して、ポケモンGOを利用できる時間を1日1時間に制限しています。

武中ママ
そもそもLINEやYouTubeなどのアプリ自体を利用できないように制限したりすることも可能です。

「アプリを使っていいのは夕方の30分だけ」「インターネットを使って良いのは1日3時間まで」「22時から朝7時まではスマホ利用禁止」など制限をすることができます。この制限は親にしか設定、解除できません。

また、Webフィルタリングの機能やアプリの制限機能を利用して、有害なサイトや情報にアクセスしないよう設定したり、利用してほしくないアプリを使わせない、インストールできないように制限をすることができるので子供に安心して渡せる唯一のスマホなのです。

【保存版】子供とスマホのルールを決めても守ってくれない時の対策まとめ

親は子供がどれだけアプリを使っているかを稼働時間から確認できるので子供のアプリの利用状況を簡単に把握することができます。

また学校や塾などの特定の場所でスマホ自体を使えないようロックをかけることも可能です。

TONEモバイルは月額1000円の料金にこれらの機能がすべて含まれているのでとてもお得に利用できます。TONEモバイルのスマホは国子ども会連合会推奨商品の認定をスマホで唯一認定されているスマホなので実績と信頼があるスマホなのです。

【必見】子供のLINEの利用制限・時間制限ができるスマホの使い方と手順

【安心】子供の居場所・現在地を確認できるスマホ!機能と使い方詳細!

はじめての子供用スマホとして約7割の人がツタヤのスマホを選んでおり子供用のスマホとしてこれ以上にベストなスマホはありません。しかも月額料金は1000円だけと家計にもやさしいととても良い評価を得ています。

TONEのスマホは月額1000円でギガ容量制限なし

TONEモバイルはこれらの制限機能、フィルタリング機能、見守り機能が最初からすべて無料で利用できます。

月額1000円以外の基本料金以外なにもかかりません。

武中ママ
月額1000円でもらせられる格安スマホはTONEモバイルのスマホ以外ありません

そのためはじめての子供用スマホとしては一番選ばれています。

【保存版】小学生・中学生にはじめて持たせるスマホランキング!ナンバー1

インターネット使い放題、電話使い放題の基本料金込みで月額1000円なので家計にとても優しくなっています。安かろう悪かろうではなく安くても高品質をはじめて実現したのがTONEモバイルなのです。

子供用スマホとしてほとんどの人がツタヤのスマホを選んでおり子供用のスマホとして必要な機能は最初からすべて盛り込まれています。

今だけ!期間限定!TONEモバイル月額料金3ヶ月500円&複数台契約で6ヶ月500円キャンペーン中!(>>TONEモバイル キャンペーン

スポンサーリンク

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけるとうれしいです(*^^*)