当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

TONEモバイルは「SIMのみ」の契約はできますか?「できます」

結論から先に書くと、TONEモバイルはSIMカードのみの契約ができます

TONEモバイル(トーンモバイル)はスマホとセットで月額1000円、SIM単体で月額1500円だけで使い放題の画期的な格安スマホです。月額料金が安いためSIMのみの契約がしたいと思うことがあると思います。

TONEモバイル(トーンモバイル)はSIMカード単体で契約できる TONE SIM(for iPhone)というのが提供されています。月額1,500円だけでインターネット(データ通信)が使い放題で、IP電話も無料で使えます。

【保存版】TONE SIM(for iPhone)の特徴と申し込み手順と方法と使い方完全まとめ

docomoのiPhoneやSIMフリーのiPhoneであれば中古で購入したものや解約済みのものであってもTONE SIM(for iPhone)を挿入すればすぐにインターネットもテザリングもIP電話もすべて月額1500円だけで使い放題です。

TONE SIM(for iPhone)という名前になっていますがiPhone以外のAndroidスマホやモバイルルーターでも利用できます

また、音声通話もつけることができるので格安でiPhoneやスマホを持つことができます。

トーンモバイルはSIM単体での販売もしていますがスマホとセットでも購入しています。

はじめての子供のスマホやシニア用のスマホとしてはスマホとセットでの購入も人気です。すでにiPhoneやAndroidスマホを持っていてSIMカードだけがほしい場合は、 TONE SIM(for iPhone)がベストな選択です。

ちなみTONEモバイルのスマホはSIMフリースマホになっているため他の格安SIMや大手キャリアのSIMカードを挿しても使うことができます。

TONEモバイル公式サイトでもっと詳しく

スポンサーリンク

TONEモバイルは「SIMのみ」の契約はできる

TONEモバイルはSIM単体で TONE SIM(for iPhone)というものを提供しています。TONEモバイル専用端末とセットでの販売もしているので使い方に合わせて選択できるようになっています。

TONEモバイルのTONE SIM(for iPhone)はSIM単体で販売していて月額1500円だけで収まるためとても安く利用できる格安SIMです。

プランもシンプルで月額1500円のプラン1つだけなのでプランが多くてわからないという方にも使いやすい格安SIMとなっています。

この維持費の安さから家族用のスマホ、子供用のスマホ、離れてクラス高齢者用のスマホ、ポケモンGO用スマホ、サブスマホ用のSIMカードとして選ばれています。

TONE SIM(for iPhone)のAndroidでの通信速度計測結果

TONE SIM(for iPhone)はiPhone用のSIMカードですが、実はAndroidのスマホに挿してもAPNの設定だけすれば同じように使い放題の格安SIMとして使うことが出来ます。

AndroidのXperia XAで計測した結果もiPhoneでテストした時と同様に約1.03Mbps出ており快適に使えました。

TONE SIM(for iPhone)は最低利用期間がない

TONE SIM(for iPhone)は多くの格安SIMにある最低利用期間が設定されていません。

そのため、契約してすぐに解約しても違約金や解約金などは一切かからないのではじめやすく解約もし易い格安SIMとなっています。

TONEモバイルのセットのスマホの詳細

TONEモバイルはスマホとセットでの購入もできます。

TONEモバイルのスマホはm17とm15の2種類だけです。どちらのスマホも性能がよくTONEモバイルのスマホm17とm15の2種類から選べます。

この2つの機種には5000円の違いがありワンセグとおさいふケータイが必要な場合やよくスマホを落としたり水に濡らしてしまう方はm17を、この2つの機能が不要な方はm15で十分です。

項目m17(新機種)m15
価格(税抜)3万4800円2万9800円
Android OS7.1.15.1
CPUMSM8916
(64bit 1.2GHz クアッドコア)
MediaTek MT6735
(64bit 1.3GHz クアッドコア)
メモリROM:16GB
RAM:2GB
外部記憶領域:microSDカード(最大256GB)
ROM:16GB
RAM:2GB
外部記憶領域:microSDカード(最大32GB)
バッテリ2580mAh3000mAh
カメラ背面1,310万画素
前面500万画素
1,080p動画撮影対応
背面1,300万画素
前面500万画素
1,080p動画撮影対応
重量約148g約165g
ディスプレイ720×1280ピクセル 5インチHD720×1280ピクセル 5.5インチHD
携帯電話/ワイヤレス通信方式GSM 850/900/1800/1900、W-CDMA(3G) 1/5/6/8/19、LTE 1/3/8/19/26、Wi-Fi(a/b/g/n)、Wi-Fiダイレクト、Wi-Fiディスプレイ、Wi-Fiテザリング、Bluetooth4.1GSM 850/900/1800/1900,、W-CDMA(3G) 1/6/9/19、LTE 1/3/19/21、Wi-Fi (802.11a/b/g/n)、Wi-Fiダイレクト、Wi-Fiディスプレイ、Wi-Fiテザリング、Bluetooth 4.1
防水性能IPX5/IPX8相当対応無し
防塵性能IP6X相当対応無し
おサイフケータイ機能あり機能無し
ワンセグ機能あり機能無し
テザリング◯ 対応◯ 対応

※表は横スクロールできます。

「TONE m17」の詳細スペックと評判・評価口コミレビュー

TONE SIM(for iPhone)とTONEのスマホとの違い

TONE SIM(for iPhone)はiPhoneで使うSIMなので「TONE SIMアプリ」もiPhone用アプリになります。従来、TONEモバイルは専用のTONE端末とセットでの購入となっていました。

そのため、TONE端末では居場所確認機能やアプリの制限機能などすべての機能が使えますが、TONE SIM(for iPhone)は使用するスマホが専用スマホではなくiPhoneになるので利用できない機能がいくつかあります。

子端末が
TONE端末
子端末がiPhone
(TONE SIM (for iPhone))
居場所確認/移動履歴確認対応対応
ジオフェンス対応対応
アプリ利用制限対応対応(条件付き)
(App Storeの年齢レーティングで対応)
アプリ利用時間制限対応非対応
端末時間制限(TONEのロック)対応対応(条件付き)
(App Storeの年齢レーティングで対応)
ホーム画面の変更・固定対応非対応
あんしんインターネット対応対応
家族サポート対応非対応
利用状況の把握対応対応(条件付き)
(あんしんモードのサマリーのみ)
バッテリ状況の通知対応非対応
チケット購入時の通知対応対応
歩きスマホ警告対応非対応
ゆるやか見守り対応非対応
ライフログデータ閲覧対応非対応
伝言対応非対応
エアノック対応非対応
無料通話対応対応

TONEモバイルのSIMカードを差替えて他の端末で使える?

TONEモバイルのTONE SIM(for iPhone)はSIM単体で販売していてSIMを差し替えて複数の端末で共有して使うことができます

「(for iPhone)」となっていますがAndroidスマホでも使えますし、iPadでもAndroidタブレットでもSIMを差し替えて使うことができます。

TONEモバイルのスマホとセットで販売しているプランは月額1000円なのに通信量無制限となっているので他のiPhoneやAndroidスマホに差替えて使いたい!と思う方もいると思います。

結論から先にかくと、TONEモバイルのスマホとセットで購入したスマホの中に入っているSIMカードを他の端末に差替えても使えます。しかし公式ではこのような使い方は推薦していないため、あくまで自己責任で利用する必要があります。

TONEモバイルのSIMカードが使える端末はdocomoで契約していたAndroidスマホやiPhone、SIMフリーのスマホやiPhone、タブレット、iPadです。TONEモバイルのSIMカードを挿して、APNの設定やプロファイルをインストールすることで通話も通信も使えるようになります。

スポンサーリンク

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけるとうれしいです(*^^*)

今だけ!月額料金3ヶ月無料(0円タダ!)+事務手数料3000円が無料!キャンペーン中!(>>TONEモバイル最新キャンペーンの詳細

スポンサーリンク