当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。このサイトの情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです(^^)

【必見】TONEモバイルのスマホの評判や評価は?詳しく解説!

TONEモバイル(トーンモバイル)のスマホは現在、TONE e20とTONE e19の2つの機種から選択できます。どちらも同じ価格となっています。

どちらも性能のよいスマホで評判はとても良くなっています。

TONEモバイル公式サイト

TONE e19の一機種のスマホが販売サれていましたが2月20日にTONE e20の新機種が発売開始となり、契約申し込み時にTONE e19とTONE e20の2つから選択ができるようになりました。

TONEモバイルの端末中の端末
  • TONE e20: 販売中 おすすめ!
  • TONE e19: 販売中
  • TONE m17: 販売終了
  • TONE m15: 販売終了
  • TONE m14: 販売終了

TONEモバイルのスマホはTONE e20、TONE e19ともケースの種類がかなり多く選べるので自分にあったケースが選べます。

【保存版】TONEモバイルスマホの全ケースまとめ!画像大量で紹介!

TONE e20 – ワイドディスプレイやトリプルキャリア、大容量バッテリー搭載の超高性能スマホ

TONE e19 – ワイドディスプレイやデュアルカメラ、大容量バッテリー搭載の超高性能スマホ

武中
TONE e19は在庫処分のために今は選べるだけで在庫がなくなったらe20だけになるってことです。TONE e20一択です。

TONE e20とTONE e19の詳細な内容とレビューは以下のページでまとめています。

TONE e20はTONE e19と同じ価格ですが最近機種ということもあり性能がアップしています。

TONE e20とTONE e19の比較と違い

製品名トーンモバイル TONE e20トーンモバイル TONE e19
発売日2020年02月20日2019年03月01日
価格19800円
キャリアSIMフリー
デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)LTE+LTE、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)4G+3G
スロットnanoSIMx2、2ndスロットはmicroSDと排他利用nanoSIMx2+microSDのトリプルスロット
シリーズTONE(トーン)
発売時のOSAndroid 9.0Android 8.1
SoC(プロセッサー)CPU: MediaTeK Helio P22 MT6762WB オクタコア (2.0GHz)CPU: Snapdragon 450 オクタコア (8×1.8GHz)
ストレージ64GB、microSDカードで320GBに増量可能32GB、microSDカードで288GBに増量可能
外部メモリーmicroSDXC(256GB)
RAM4GB3GB
バッテリー容量3900mAh4000mAh
生体認証指紋認証(背面に設置)、顔認証
モニター6.26インチ、HD+(1520x720ドット)、比率19:9/19.5:95.93インチ、HD+(1512x720ドット)、比率約19:9
パネル液晶ディスプレイ、水滴型ノッチ液晶ディスプレイ、台形型ノッチ
Wi-FiIEEE 802.11 b/g/n
対応バンドLTE: 1 / 3 / 5 / 8 / 18 / 19 / 26 / 28 / 38 / 41、3G: 1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19LTE: 1 / 3 / 19 / 28、3G: 1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
Bluetooth対応(4.2)
NFC非対応対応
GPS対応
背面/アウトカメラ1200万画素 (標準)+1300万画素 120° (超広角)+200万画素1200万画素 (標準)+500万画素 (深度測定用の予想)
カメラ機能TONEカメラ(AIが不適切な写真撮影をブロック)マルチフレーム処理&ブレ防止、AI調整機能、ポートレートモード、背景ぼかし、LEDフラッシュ
正面/インカメラ800万画素
コネクターmicroUSB
3.5mmヘッドホンジャック搭載
防水・防塵機能非対応
テレビ(ワンセグ/フルセグ)非対応
ハイレゾ
共通機能AI機能、ユーザー見守り機能「TONEあんしんAI」、置くだけサポート
その他加速度、重力、光、近接、ジャイロ、ホール、ステップカウンター、デュアルマイク、ブロックチェーン関連技術「The Log」歩数計、動き検知、歩行検知、あんぜんオススメ(位置情報データを元にAIが設定エリアをお勧め)、あんしんレポート(歩きスマホの発生場所を地図上に表示)、エリアアプリロック(設定したエリアでアプリ利用を制限)
76.5mm73.1mm
高さ159mm153.6mm
奥行き(厚み)8.2mm8.9mm
質量(重さ)175g167.5g
カラーホワイトのみ

※表は横スクロールできます。

※赤字部分が性能アップした部分です。

【必見】子供用のはじめての格安スマホは「TONE」が選ばれている理由

TONEのスマホ「TONE e20」は最新の高性能スマホ

TONE e20はTONE e19をさらに高性能にしてスペックアップした最新の高性能スマホです。

どのようなゲームやアプリでもさくさくと動作させることができます。

TONE e19との一番大きな違いはカメラ性能

TONE e19からすべての部分で性能がアップしていてカメラは大幅に性能アップしました。

TONE e19とTONE  e20は同じ値段なのでTONE e20を選ばないと損をします!

TONEのe20は最初からテザリングも無料で使い放題でポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)として使えるので通信費も安くすみます。

TONEのスマホ「TONE e19」は高性能スマホ

TONE e19は高性能スマホなので、LINEやポケモンGO,3Dゲームなど快適にプレイができて自分が使いたいアプリを自由にインストールして使うことができます

普通のAndroidスマホと中身は全く同じで好きな用にアプリをいれたりカスタマイズすることも可能です。

TONEのe19も最初からテザリングも無料で使い放題でポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)として使えるので通信費も安くすみます。

しまりすさん
LINEや好きなアプリも自由にインストールし放題なんだ♪
武中
うん。LINEもゲームもどんなアプリであってもGoogle Playからダウンロードできるアプリであったらなんでもインストールできるよ!

TONEのe20,e19はすべて設定済みで発送されてくる

TONEモバイルにかぎらず格安スマホや格安SIMが難しく思われていたのは、自分で初期設定をしないとダメだったことです。

TONEのe20やe19はSIMカードが挿入されて、APNの設定もされて、TONEのアカウントにログインされた状態で発送されてきます。

そのためスマホが届いてからの初期設定は一切不要で電源をいれるだけなので、

はじめてのスマホの方や、子供用、シニア用、離れて暮らす家族用としても購入して発送するだけですぐ使えるのでとても評判がよくなっています。

TONEのe20とe19のスマホはテザリングが無料で使い放題

TONEのe20とe19は最初から何もしなくても無料でテザリングが使い放題のスマホです。

以前TONEで発売されていたTONEのm14はテザリングに対応していなかったためテザリングを使いたいと思っているユーザーからは評判がよくありませんした。

しかし、いま販売されているTONE e20とe19は最初からテザリングが無料で使い放題なので評判がとてもよくなりました。

どれだけテザリングでインターネットを使っても自宅のインターネット回線として使っても月額1000円以外かからない完璧な使い放題です。

TONEのe20とe19のスマホは速度はそこまで速くないけど必要十分

TONEモバイルは公式アナウンスの通信速度は500kbps〜600kbpsの通信速度と公表されています。この500kbps – 600kbpsという通信速度で中速と言われています。

しかしTONEモバイルの通信速度の実測値は1.2Mbps〜1.5Mbpsで公式でアナウンスされている通信速度の2倍〜5倍ほど出ています。

TONEモバイルの通信速度はおもったよりも快適に使うことができます。動画の再生さえしなければストレスを感じる速度ではありません。

TONEモバイルの通信速度
  • アナウンスされている通信速度: 500〜600kbps
  • 実際に計測した通信速度(実測): 1.2Mbps〜1.5Mbps

高画質な動画を見たりしなければまず困ることはありません。これが本当に 500〜600kbpsの通信速度なのか!?と実際に使ってみると予想以上に快適に使えて驚きます。

この状態でも240pの画質であれば動画は視聴できます。

もし動画の視聴やアプリの高速ダウンロードを使いたい時は、高速チケットという通信速度を3Mbpsまで上げて使えるオプションが用意されているので高速チケットを利用すること動画も視聴することができるようになります。

高速チケットを使うと720pの画質で動画が視聴できるようになります。

自宅にWiFi環境があれば接続することで高画質な動画が見れるようになります。またWiFiに接続しているとTONEモバイルのデータ容量を一切消費しないので使いすぎの速度制限などが一切かかりません。

3日間で300MB以上で速度制限がかかる(制限廃止)

TONEモバイルは毎月の通信量に制限はありませんが、短期間でデータ通信をしすぎると速度制限がかかります。公式での発表では下記のように記載されています。

「お客様が、1日あたり300MB、または連続する2日間または3日間において合計300MBを超過した通信量を発生させることにより帯域の切り替えによる通信の制御を行うことがあります。」

簡単に言うと3日間で300MB以上のデータ通信をすると通信速度制限がかかる場合があります。3日で300MBなので単純に計算して1日100MBとなります。

通常の使い方ではこの上限に達することはありませんが、外出先で動画をたくさん見たり、容量の大きいアプリをダウンロードすると300MBを超える可能性があります。

この300MB制限は2017年8月に廃止されました。そのため使い放題です。

アプリのダウンロードや動画の視聴はWiFiの使用で対処

しかし対応策があります。

容量の大きいアプリをダウンロードしたり動画を長時間視聴したりする場合は、自宅のWiFiや駅やコーヒーショップ、コンビニなどにある無料のWiFiスポットを使ってダウンロードするという方法です。

TONEモバイルデータを消費すること無くデータ通信が使えるので活用すると通信速度制限にかかることなく使えるようになります。

TONEモバイルは全年齢対応型スマホなのでスマホ初心者や子供、シニア、スマホ初心者に関係なくTONE e20のスマホを選んでおけばまず不満がでないレベルになっています。

TONEモバイルの公式サイトでもっと詳しく>>

※ 新型コロナウイルスの自粛の影響と学校の再開で爆発的な人気になっています。

TONEのスマホは月額1000円の料金だけで『ギガ無制限モバイルWi-Fiルーター代わり』として使えて「リモート授業」のネット回線&スマホとしても使えるため爆発的な人気になっています。

↑↑公式サイト、申込みはこちらから↑↑

今のうちに手に入れておくことを強くおすすめします。

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。このサイトの情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです(^^)

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけるとうれしいです(*^^*)