当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【必見】子供スマホ依存を防止できる唯一のスマホの詳細

子供にスマホを与える時に心配なのは、スマホ依存やネット中毒、暴力暴言や引き込もり、ご飯になっても降りてこないなどではないでしょうか。

場合によってはスマホ依存症やスマホ中毒になり不登校や引きこもり、中退や退学、留年になるケースが増えており問題となっております。

そのような事にならないように、全国子ども会連合推奨から推薦されているスマホのTONEモバイルは、スマホの時間を制限したり有害なサイトを回覧できないようにしたり、何のサイトをみたか親が確認できるようにしたり、

現在いる場所をGPSで確認したり、特定のアプリを使えなくしたり、新しくアプリをインストールできなくしたり、アプリをダウンロードした時に親に通知が行くようにしたりすることができます。

TONEモバイル公式サイト

スポンサーリンク

TONEモバイルは子供スマホ依存を防止できる唯一のスマホ

このような子供のスマホ依存や、スマホ中毒を事前に防止できる機能が最初から無料で搭載されている唯一のスマホはTONEモバイルのTONE m17とTONE m15というスマホです。

ツタヤが販売しているスマホで月額1000円という驚異的な価格で販売されており、日本のスマホを変えるスマホ、子供を守るスマホというコンセプトで販売されていて子供用スマホとして一番選ばれているスマホです。

TONEモバイルのスマホで制限できること

TONEモバイルでできる「子供のスマホの利用制限」

TONEモバイルの「子供のスマホ利用制限」の機能詳細
  1. アプリの使用制限(特定のアプリを起動・インストールできないようにする)
  2. アプリの利用時間制限(利用できる時間をアプリごとに設定できる)
  3. 子供の居場所、現在位置をいつでもGPSで確認できる
  4. 歩きスマホの警告機能(歩きスマホをしていると検知して警告)
  5. 無料のダウンロード可能、有料アプリは不可制限
  6. 特定のサイトを表示できないように制限(Webフィルタリング)
  7. インターネットの利用時間制限(特定の時間しかネットができないようにする
  8. アプリダウンロードの親への通知機能(アプリをダウンロードしたら通知がくる)
  9. アクセスしたWEBサイトの内容を確認する(子供が履歴を消しても確認可能)

TONEモバイルはこれらの機能が最初からすべて無料で利用できます。

普通のAndroidスマホを専用の制限アプリを使ってこれらの制限をかけると制限をかけるアプリが有料ですべて自分でインストールして設定をしないといけないのですごく手間がかか専門の知識がないと設定することができません。

子供のTONEのスマホを親がコントロール・監視できる

TONEモバイルの子供用の機能制限はペアレンタルコントロール機能(TONEファミリー)と言われていて、子供が持っているTONEのスマホに対して、

WEBブラウザからスマホ端末の管理や制限、現在位置の確認などの機能が使えまするため子供の居場所や何のアプリを使っているのか、どのようなサイトを回覧したかなども確認することができます。

TONEモバイルは子供に安心して持たせられる唯一のスマホ

「アプリを使っていいのは夕方の30分だけ」「インターネットを使って良いのは1日3時間まで」「22時から朝7時まではスマホ利用禁止」など制限をすることができます。この制限は親にしか設定、解除できません。

また、Webフィルタリングの機能やアプリの制限機能を利用して、有害なサイトや情報にアクセスしないよう設定したり、利用してほしくないアプリを使わせない、インストールできないように制限をすることができるので子供に安心して渡せる唯一のスマホなのです。

他の携帯電話会社でも子供向けスマホは販売されていますが、利用時間制限機能やアプリのインストールや起動制限、現在位置の確認機能、有害なサイトのブロック機能は最初から備わっておらず、有料オプションを使いしていくことになるため月額料金が安くても4000円からくらいになります。

TONEモバイルは月額1000円の料金にこれらの機能がすべて含まれているのでとてもお得にりようできます。

TONEモバイルのスマホは全国子ども会連合会」推奨商品の認定をスマホで唯一認定されているスマホなので実績と信頼があるスマホなのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

スポンサーリンク