当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【重要】TONEモバイルのスマホは3G?4G?LTE?

TONEモバイルのスマホは3Gなのか、4GなのかLTEなのか気になるかと思います。

結論から先に書くとTONEのスマホはLTEと3Gの両方に対応しています。

今はTONE e19とTONE m17の2種類からのスマホから選べますが以前は性能を少し落とした代わりに価格を抑えたTONE m15やTONE m14も購入可能でした。

TONE e19とTONE m17とm15はLTE(4G)と3Gの両方に対応しています。

TONE m14は3Gのみ対応しています。

TONEモバイル公式サイト

TONEのスマホはLTE(4G)と3Gの両方に対応

TONE e19とTONE m17の2種類からのスマホから選べますが以前は性能を少し落とした代わりに価格を抑えたTONE m15やTONE m14も購入可能でした。

TONE e19とTONE m17とm15はLTE(4G)と3Gの両方に対応しています。

TONE m14は3Gのみ対応しています。

TONE m14は低価格スマホとしてスペックを落として販売されていましたが今はTONE m15に置き換わっています。

TONE e19とm17とm15は高性能なスマホで評判がとても良くなっています。

TONEのスマホのLTE(4G)と3Gの対応状況
  • TONE e19: LTE(4G)と3Gの両方に対応
  • TONE m17: LTE(4G)と3Gの両方に対応
  • TONE m15: LTE(4G)と3Gの両方に対応
  • TONE m14: 3Gのみ対応

TONE e19とTON m17の詳細な内容とレビューは以下のページでまとめています。

3Gの通信速度で十分に足りる

TONEモバイルの通信速度は公称で500〜600kbpsです。

月額料金データ量下り速度最大SIMの種類
1,080円無制限/月0.5〜0.6MbpsデータSIM・SMSなし

TONEモバイルの通信速度は公式では500〜600kbpsになっていますが、実際は違います

TONEモバイルが思った以上に快適だという評価を得ているのは速度計測アプリで測ると1.2Mbps〜1.5Mbpsも出ていて公式でアナウンスされている通信速度の2倍〜5倍ほど出ておりかなり高速だからです。

TONEモバイルの通信速度
  • アナウンスされている通信速度: 500〜600kbps
  • 実際に計測した通信速度(実測): 1.2Mbps〜1.5Mbps

高画質な動画を見たりしなければまず困ることはありません。これが本当に 500〜600kbpsの通信速度なのか!?と実際に使ってみると予想以上に快適に使えて驚きます。

3Gの通信速度は最大で下り14.4Mbps 上り最大5.76Mbpsとなっています。そのため3Gの回線でも十分な通信速度なのです。全く心配する必要はありません。

【保存版】TONEモバイルの通信速度・回線速度・実測の詳細

TONEのスマホはエリアはdocomoと全く同じ

TONEモバイルはツタヤが販売しているスマホですが、使っているアンテナや設備はdocomoから借りて使っています。

そのため、電波エリアはdocomoと全く同じで電波が入らない場所を見つけるほうが難しいくらいどこでも繋がります。

地下鉄や移動中の電車の中、新幹線の中、山間部や登山中、山頂でもdocomoの電波が来ている場所であればTONEモバイルは電波が入ります。

私も普段からTONEモバイルの電波のつかみ具合を確かめていますが、地下鉄や山間部、登山でも駐車場から山頂までずっと電波を掴んでいました。

TONEモバイルの電波のエリアはかなり優秀です。全く心配する必要はありません。

TONEモバイルの公式サイト

今だけ!期間限定!TONEモバイル月額料金3ヶ月500円&複数台契約で6ヶ月500円キャンペーン中!(>>TONEモバイル キャンペーン

スポンサーリンク

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけるとうれしいです(*^^*)