当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【保存版】スマホが子供に与える影響と影響を与えない1つのスマホ

スマホをお子供に与える時に正しくスマホのルールを設けて制限ができないとスマホ中毒になったりスマホ依存症になってしまうケースが最近よく問題になっています。スマホが子供に与える影響は、スマホ依存による悪影響や視力の低下、常に携帯を持っているようになり家族との会話が減る、ネット詐欺や架空請求に引っかかる、学力低下するなどがあります。

これらのスマホ依存症やスマホ中毒を予防するには子供のスマホを制限できるスマホを与えることです。ネットやアプリ、スマホ自体の利用時間を制限したり、子供が勝手にアプリをインストールできないようにできるスマホを与えることで子供をスマホ依存やスマホ中毒から守ることができます。

スマホが子供に影響を与えないように最初から制限ができるスマホはツタヤが販売しているTONEモバイルのスマホだけです。全国子供会と学校推薦のスマホになっています。

アプリやネット、スマホ自体の利用の時間制限や親が許可していないアプリの制限さらに子供の現在位置や行動履歴を監視してチェックできる子供の見守り機能も標準搭載しています。

それで月額1000円だけで利用できるので爆発的に人気が出ています。

TONEモバイル公式サイト

スポンサーリンク

スマホが子供に与える影響まとめ

スマホが子供に与えるデメリット

1.家族のコミュニケーションが低下する

スマホはいろいろな人と会話が出来るし楽しいゲームやインターネット上の情報もたくさんあります。そのためスマホに制限機能がついていない場合、

子供は何時間でも自由にネットもアプリやゲームも使うことができるので自分の居場所がスマホの中に出来上がってしまい。スマホ=楽しい。スマホがあれば他はいらない。となることがあります。

スマホ依存症になってしまった子供は、人間とコミュニケーションが自分の思い通りにならなかったり相手の表情がわかることから人との関わりを避ける傾向があります。

子供にスマホを持たせる場合には、利用時間を制限して子供がスマホ依存症にならないように、学校やご飯の時間にスマホを触れないように制限することで、友達や家族とのコミュニケーションを低下させずに上手に付き合っていくことができます。

2.学力が低下する

アプリやゲームの制限や時間制限ができないスマホを子供に与えると、スマホに依存してしまい勉強よりスマホで遊ぶようになってしまいます。またスマホを長時間利用すると集中力や判断力、記憶力が低下することが分かっています。

子供にスマホを与える時はスマホ依存にならないように制限機能がついているスマホを与えておくことが重要です。

子供たちの学力の現状と学力調査結果 – 文部科学省

3.睡眠障害を引き起こす危険性がある

子供にスマホを与える影響は子供の睡眠障害にも影響を与えます。

スマホのゲームや会話、インターネットが楽しくてついつい夜中まで寝ずにスマホをいじってしまっている子供が多くいます。スマホを長時間見ると自律神経が乱れて睡眠障害を起こします。また、睡眠不足による学力低下も引き起こします。

子供が自分の部屋に戻ってからは親はなかなか監視がしにくいのです。そのため、夜はスマホを利用できないようにロック機能があるスマホを選ぶのがベストな選択です。

4.有害サイトによる犯罪や高額請求、いじめ

インターネット上には多くの有害サイトがあります。たとえば出会い系サイトやアダルトサイト、犯罪や薬物、いじめや高額請求や架空請求をするサイトです。

これらのサイトはスマホにフィルタリング機能がついていれば防げますが、フィルタリング機能がついていないスマホを与えてしまうとどのような有害なサイトでも見ることができてしまいます。

子供がいじめや犯罪にあったり殺傷されたり集団自殺にまきこまれる事件は年々増えており高校生以下に多いです。このようにな有害なものに巻き込まれないようにフィルタリング機能が最初からついているスマホを与えておくことが大切です。

5.スマホ依存症になる危険性がある

スマホは楽しいゲームやアプリ、インターネット上のコンテンツや動画などがたくさんあり、ゲームの続きや友達とのやり取りやTwitterの投稿などが気になって常にスマホをチェックするようになってしまったりします。

最近の友達の投稿やコメントに返信できなくて仲間はずれにされたらどうしようという不安から常にスマホを手から離さなくなり勉強や睡眠、家族とのコミュニケーションが低下するというスマホ依存症に陥る子供が増加しています。

そのようなことにならないように指定した時間しかスマホもアプリもゲームも使えないように制限がされていれば立派な友達との言い訳にもなります。

スマホが子供に与えるメリット

1.子供との連絡が取りやすくなる

子供のスマホを持たせるとLINEや電話、SMSやメールなどで連絡が取れるようになります。たとえば帰りが遅い時や送迎時間の連絡、外での間違わせなどの連絡手段が欲しい時にスマホがあれば連絡がどこにいてもいつでも取れるので便利なります。

また、帰りが遅いからとずっと家で心配しながら待っていることもなくなるので安心して子供の帰りを待っていられます。

2. 自分で調べる癖がつく

子供の知能を上げるにはよく考えてわからないことは自分で調べて疑問や問題を解決していくことです。自分用のスマホがあれば、わからないことを自分で調べる習慣がつきます。

大人になって社会人になってからも自分で調べる能力というものは必要なものです。小さいうちから調べる癖をつけておくことで立派な大人に成長できる手助けになります。

3.情報収集能力が高くなる身につく

自分用のスマホがあると自分で情報を調べることができます。

情報収集能力は人によって様々で経験を積むことで情報収集能力は高くなります。

小さい年齢から情報収集をしていると自然に情報収集能力が高まり、詐欺や変な勧誘などに引っかかることが減ります。自分で考え、その情報が正しいのか調べて確認して判断ができる様になります。これからの世の中では重要なスキルの1つです。

4.子供の居場所(現在位置)や一日の行動が確認できる

子供にGPS付きのスマホを持たせると子供の居場所や現在位置を教えてもらうことができます。またTONEモバイルのスマホであれば、子供の居場所を親のスマホからいつでも確認することができ、学校や塾、自宅などについた時や出た時に親の携帯メールで通知されることもできます。

また、TONEモバイルのスマホではあれば1日の行動履歴を自動的に記録していくれているので寝る前のなどのちょっとした時間で子供が一日どのような行動をとっていたのかを確認することができます。

5.一緒にいない時のコミュニケーションが増える

たとえばTONEモバイルのスマホであればLINEでもメールでも電話でも連絡がとれます。また、どれだけインターネットやLINE、TONE標準のIP電話を使用しても通話料も利用料金も月額1000円だけで他は一切かかりません。

そのため、LINEなどでチャット(トーク)や写真や動画などを送り合ったり音声通話もビデオ通話もどれだけ利用しても無料なので手軽に連絡がとれて家族が一緒にいない間のコミュニケーションが増えます。これは家族だけでなく友達同士でも同じです。

子供に影響を与えない制限・見守り機能付きのスマホはTONEモバイル

子供向けスマホはいくつかありますが、最初からスマホ課金の制限ができ、そもそも課金されるアプリのダウンロードやインストールの制限ができるがツタヤが販売しているTONEモバイルのスマホです。

ツタヤのスマホTONEはすべてのスマホで唯一、全国子ども会連合会・東京都含む九都県市の推奨商品となっているスマホです。

【必見】子供用のはじめての格安スマホは「TONE」が選ばれている理由

TONEモバイルのスマホははじめての子供用スマホとしてほとんどのママが選んでおり、子供のスマホ依存症やスマホ中毒、有害な影響を受けないような対策が最初からされています。

TONEモバイルのスマホで制限できること

TONEモバイルのスマホは子供向けスマホとしてママに絶大な人気があります。

理由として子供を見守る機能、子供のスマホの利用制限機能、フィルタリング機能、スマホ依存や歩きスマホ対策機能などが最初から搭載されていて月額料金1000円だけで利用できるからです。

【ママ必見】セキュリティ機能付きの子供向けの格安スマホは?

はじめて子供に持たせるスマホに重要なことは有害なサイトが見れないように制限ができるフィルタリング機能がついているかどうかです。

ほとんどの格安スマホにはフィルタリング機能なしか月額500円〜1000円のオプション扱いになっていますが、TONEモバイルのスマホは最初からフィルタリング機能がついてしかもフィルタリング機能の利用料金は無料です。

Wi-Fiを利用している時もフィルタリングが適用されて子供に優雅なサイトは見れないようになっています。

【ママ必見】フィルタリング無料の子供向けの人気格安スマホはどれ?

「子供のスマホの利用制限」

多くの子供向けスマホがありますが、最初から子供のインターネットやスマホ自体の利用制限、アプリのインストールや利用時間制限はできるはTSUTAYAのスマホTONEだけです。子供向けに最適なスマホなので子供会推薦スマホとして指定されています。

TONEモバイルの「子供のスマホ利用制限」の機能詳細
  1. アプリの使用制限(特定のアプリを起動・インストールできないようにする)
  2. アプリの利用時間制限(利用できる時間をアプリごとに設定できる)
  3. 子供の居場所、現在位置をいつでもGPSで確認できる
  4. 歩きスマホの警告機能(歩きスマホをしていると検知して警告)
  5. 無料のダウンロード可能、有料アプリは不可制限
  6. 特定のサイトを表示できないように制限(Webフィルタリング)
  7. インターネットの利用時間制限(特定の時間しかネットができないようにする
  8. アプリダウンロードの親への通知機能(アプリをダウンロードしたら通知がくる)
  9. アクセスしたWEBサイトの内容を確認する(子供が履歴を消しても確認可能)
  10. 指定の時間以外はスマホをロックして操作できないようにする(親への連絡は可能)
  11. 指定のスマホを使わせたくない場所はスマホをロックして操作できないようにする(親が自由に設定可能)
  12. LINEやYoutubeなどのアプリの利用時間制限

TONEモバイルはこれらの機能が最初からすべて無料で利用できます。

普通のAndroidスマホを専用の制限アプリを使ってこれらの制限をかけると制限をかけるアプリが有料ですべて自分でインストールして設定をしないといけないのですごく手間がかか専門の知識がないと設定することができません。

パソコンやスマホから子供や家族の現在位置や居場所、行動履歴を確認できる

塾や学校からの帰りが遅い時や、どこに遊びに行っているのかわからない時に自分のスマホやパソコン(PC)から確認できるので見守りの意味でもTONEのスマホをもらせておけば安心できます。

この画面は管理者(親)が子供の現在位置を確認するためにパソコンからログインした時の画面です。この地図上にGPSで取得した子供の現在位置が表示されます。

このように何時にどこにいたのかも記録されているので子供の行動を把握することも可能です。

武中ママ
現在の子供の場所だけでなく過去にどの場所にいたのかと行動履歴が記録されていて地図で見れるのでとても便利です。変な場所に行っていたら帰ってきてから問い詰めています笑

TONEモバイルのスマホは最初からフィルタリング機能付き

ほとんどの格安スマホがフィルタリングなしか有料オプション扱いになっているなか、TONEモバイルのスマホは最初からフィルタリングが用意されています。しかも無料で利用できます。

年齢ごとにフィルターモードが用意されていて簡単に設定できます。また設定内容は自由にカスタマイズ可能です。

例えば他社はフィルタリングアプリを利用する場合や、自分で導入する場合は有料で安くても月額400円〜1000円かかります。年額ではなく月額なのでけっこうな負担となります。

自分で導入する場合も知識が必要でよくYahoo!知恵袋などで苦労している質問をみかけます。

TONEモバイルのスマホは最初からフィルタリング機能が用意されていて無料で使えます。

フィルタリング対象のサイトは親が許可するまで見れない

TONEモバイルのスマホでフィルタリングをしたサイトを子供が見ようとすると上のような画面がでて有害サイトが見れません。「許可をもらう」ボタンを押すと親のスマホに許可申請のメールが送信されて「許可」をした場合のみ子供が見ることができます。

フィルタリングの内容にはアプリの課金ページが含まれているので仮にクレジットカードを勝手に使われたとしても課金されることはありません。

また、子供がどのようなサイトにアクセスしているのかも確認可能です。

武中ママ
スマホが普及したことで、いつでもどこでも、どんな情報でも見られるようになった現在ではこのような親が子供を守ってあげることが大切なのです。子供を守るためにはフィルタリングがすごく大切です。

TONEのスマホは親(保護者)が利用制限を設定できる

TONEのスマホはアプリやスマホ自体の利用時間制限をしたりインターネット利用時間制限をしたりアプリを勝手に使用できないようにしたり利用できる時間を制限することで解決します。

たとえばLINEを使用できる時間を7時から19時までに制限して、ポケモンGOを利用できる時間を1日1時間に制限しています。そもそもアプリ自体を利用できないように制限したりすることも可能です。

「アプリを使っていいのは夕方の30分だけ」「インターネットを使って良いのは1日3時間まで」「22時から朝7時まではスマホ利用禁止」など制限をすることができます。この制限は親にしか設定、解除できません。

また、Webフィルタリングの機能やアプリの制限機能を利用して、有害なサイトや情報にアクセスしないよう設定したり、利用してほしくないアプリを使わせない、インストールできないように制限をすることができるので子供に安心して渡せる唯一のスマホなのです。

【保存版】子供とスマホのルールを決めても守ってくれない時の対策まとめ

親は子供がどれだけアプリを使っているかを稼働時間から確認できるので子供のアプリの利用状況を簡単に把握することができます。

また学校や塾などの特定の場所でスマホ自体を使えないようロックをかけることも可能です。

TONEモバイルは月額1000円の料金にこれらの機能がすべて含まれているのでとてもお得に利用できます。TONEモバイルのスマホは全国子ども会連合会推奨商品の認定をスマホで唯一認定されているスマホなので実績と信頼があるスマホなのです。

【必見】子供のLINEの利用制限・時間制限ができるスマホの使い方と手順

【安心】子供の居場所・現在地を確認できるスマホ!機能と使い方詳細!

はじめての子供用スマホとして約7割の人がツタヤのスマホを選んでおり子供用のスマホとしてこれ以上にベストなスマホはありません。しかも月額料金は1000円だけと家計にもやさしいととても良い評価を得ています。

TONEモバイルの公式サイト

スポンサーリンク

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけるとうれしいです(*^^*)

今だけ!月額料金3ヶ月無料(0円タダ!)+事務手数料3000円が無料!キャンペーン中!(>>TONEモバイル最新キャンペーンの詳細

スポンサーリンク