当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。このサイトの情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです(^^)

トーンモバイルとLINEモバイルの低速モードの体感速度と速度の比較

トーンモバイルのスマホは通信速度が500〜600bpsで、LINEモバイルの低速モードは200kbsが公表されている速度ですが実際は違います。

実際にトーンモバイルとLINEモバイルの低速モードを比較して使ってみた結果体感速度もトーンモバイルのほうが速く、実際に出ている通信速度もトーンモバイルのほうが速かったです。

トーンモバイルのスマホは常に500〜600bpsが実測で出ていて、LINEモバイルの低速モードは150kbs〜250kbp程度の通信速度なので断然トーンモバイル(「TONE」のスマホのSIMカード)のほうが快適です。

トーンモバイルのスマホは優秀で公表値は500〜600kbsとしていますが、実測は1.2Mbps(1200kbs)〜1.5Mbps(1500bps) 程度出るのでかなり速いです。

トーンモバイルのスマホは月額1100円(税込)だけでデータ容量(ギガ)が使い放題なので常に500〜600bpsの速度で快適に通信ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイルの速度制限中の低速通信よりもトーンモバイルのほうが体感速度が速い

LINEモバイルはプランが1GB,3GB,5Gb,7GB,10GBのプランがあり、一月に契約しているプラン以上のデータ通信をすると速度制限がされて、200kpsに制限されます。

この速度制限がかかって200kbsになった状態を低速モードといいます。

結論を描くと、LINEモバイルの速度制限中の低速モードの200kbpsよりもトーンモバイルのほうが体感速度はかなり速いです。

LINEモバイルの速度制限中の低速モードの状態だとyahooのトップページを開くだけでも30秒ほど待たされます。

武中
トーンモバイルだと5秒ほどで表示されるので体感速度はまったく違います。

LINEモバイルとトーンモバイルのスマホ「TONE」の通信速度を比較するとトーンモバイルがとても快適でサクサクと使えるので驚かされます。

トーンモバイルのスマホは高画質な動画を見ない限り十分すぎる速度がでるので全く心配する必要はありません。

LINEモバイルの速度制限中の低速モードよりもトーンモバイルのほうが速度が速い

LINEモバイルの速度制限中の低速モードの状態の通信速度は公表値は200kbsで、実測は150〜250kbps程度です。

通勤時間やお昼休みの時間帯では150kbps以下になることもよくあります。

一方トーンモバイルのスマホは優秀で公表値は500〜600kbsとしていますが、実測は1.2Mbps(1200kbs)〜1.5Mbps(1500bps) 程度でるのでかなり速いです。

トーンモバイルとLINEモバイルの通信速度・回線速度の違いと比較

トーンモバイルとLINEモバイルの通信速度の違いと比較
  • LINEモバイルの速度制限中の低速モードの公称の通信速度:200kbps
  • LINEモバイルの速度制限中の低速モードの実際の通信速度:150kbps〜250kbps
  • 通常時(制限なし)の時の公称の通信速度: 500kbps〜600kbps
  • 通常時(制限なし)の時の実際の通信速度: 1.2Mbps〜1.5Mbps

トーンモバイルは月額1000円でデータ通信容量(ギガ容量)無制限で使い放題

トーンモバイルのスマホは月額1000円でデータ通信容量(ギガ容量)無制限プランの1つだけの格安スマホです。

月額1100円(税込)という破格なのにデータ通信容量の制限がない使い放題なのでテザリング用や自宅のインターネット回線として使っている人も多くいます。

トーンモバイルのスマホとSIMの詳細
  • トーンモバイルのスマホ「TONE」: SIMフリー端末
  • トーンモバイルのSIMカード(単体): docomo回線を使ったSIMカード

トーンモバイルのスマホはdocomoの回線を使ったSIMカードを使って通信をしています。

そのためトーンモバイルのSIMカードをdocomoやSIMフリーのiPhoneやAndroidスマホ、タブレットに挿入することで他の端末でもデータ通信(インターネット)を使うことができます。

トーンモバイルのSIMが使える端末一覧
  • ドコモで契約しているまたは契約していたAndoidスマホ
  • ドコモで契約しているまたは契約していたAndroidタブレット
  • SIMフリー版のAndoidスマホ
  • SIMフリー版のAndroidタブレット
  • ドコモで契約しているまたはしていたiPhone
  • ドコモで契約しているまたはしていたiPad
  • SIMフリー版のiPhone
  • SIMフリー版のiPad

【必見】トーンモバイルのスマホは「SIMの差し替え」ができますか?詳細を解説!

AndroidのスマホやタブレットでTONEのSIMカードを使って通話とデータ通信をする場合には下記のAPNの設定をすればすぐに使えます。

名前お好きな名前を任意に入力(例:TONE)
APNdream.jp (ディー・アール・イー・エー・エム・ドット・ジェ・ピー)
ユーザー名user@dream.jp
パスワードdti
認証タイプ「CHAP」を選択

【保存版】トーンモバイルのSIMをiPhoneで使う方法手順を解説

トーンモバイルは3日制限がない

トーンモバイルは以前は3日で300MBという他の格安SIMや格安スマホと同じ通信制限・容量制限がありましたが、

3日制限や、速度制限や通信制限、容量制限はなくなりました。どれだけ使っても通信速度が制限されません。

【保存版】トーンモバイルに通信制限・速度制限はありますか?

トーンモバイルはテザリング(WiFiホットスポット)が無料で使い放題

トーンモバイルのスマホはスマホとセットで自宅に届きますが、トーンモバイルのスマホをモバイルWiFiルータにして使って複数の端末をインターネットにつなぐことができるテザリング機能が無料で使い放題です。

そのため、複数の回線を契約しなくてもトーンモバイルを1つ契約(1回線契約)すれば複数のスマホやタブレット、iPhoneやiPad、パソコン(PC)やゲーム機を同時にインターネットに接続することができます。

トーンモバイルの公式サイト

※ 新型コロナウイルスの自粛の影響と一部学校の再開で爆発的な人気になっています。

TONEのスマホは月額1100円の料金だけで『SMSと090電話付き』『ギガ無制限モバイルWi-Fiルーター代わり』として使えて「リモート授業」のネット回線&スマホとしても使えるため爆発的な人気になっています。

↑↑公式サイト、申込みはこちらから↑↑

在庫がなくなり次第、新規申込みの受付が休止となり、TONEのスマホが入手できなくなりますので今のうちに手に入れておくことを強くおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。このサイトの情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです(^^)

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけるとうれしいです(*^^*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク