当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。このサイトの情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです(^^)

【保存版】TONEモバイルのスマホの端末メーカーの詳細

※ 新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。

TONEのスマホは月額1000円の料金だけで『ギガ無制限モバイルWi-Fiルーター代わり』として使えて「テレワーク(在宅勤務)」のネット回線としても使えるため爆発的な人気になっています。

↑↑公式サイト、申込みはこちらから↑↑

在庫がなくなり次第 新規申込みの受付が休止となり、TONEのスマホが入手できなくなりますので今のうちに手に入れておくことを強くおすすめします。

TONEモバイルのスマホの端末メーカーはそれぞれTONE e20はWiko(ウイコウ)、TONE e19とTONE m17の端末メーカーは富士通コネクテッドテクノロジーズ製造となっており、

TONE m15の端末メーカーはフリービットとなっています。

ちなみに以前発売されていたTONE m14の端末メーカーはフリービットとなっています。

トーンモバイルのTONE e20、TONE e19、TONE m17、TONE m15はSIMフリー端末となっていて解約中でも解約後でもTONEのモバイル以外のSIMカードを挿しても通話もデータ通信も利用できます。

もちろんすべての端末がLTE(4G)通信に対応していますので海外現地でのSIMカードも、他の格安SIMもau、docomo、ソフトバンクのSIMカードも挿して使うことができます。

武中
解約後も有効活用できるのではじめてのスマホとして爆発的な人気があります。

トーンモバイルのスマホ端末のメーカーはどこ製?なのかはいかに一覧にしました。

TONEモバイルのスマホ端末メーカーはどこ製?
  • TONE e20の端末メーカー: Wiko(ウイコウ)
  • TONE e19の端末メーカー: 富士通コネクテッドテクノロジーズ製造
  • TONE m17の端末メーカー: 富士通コネクテッドテクノロジーズ製造
  • TONE m15の端末メーカー: フリービット(freebit)
  • TONE m14の端末メーカー: フリービット(freebit) 

TONEモバイルの「TONE e20」の端末メーカーの詳細

TONEモバイルのTONE e20はWiko(ウイコウ)が製造しています。

Wikoという名前は日本では聞き慣れないメーカーですが、フランスの会社です。

製品自体は中国で製造しています。

TONEモバイルの「TONE e19」の端末メーカーの詳細

TONEモバイルのTONE e19は富士通コネクテッドテクノロジーズが製造しています。

TONE e19でデュアルカメラやワイドディスプレイ、指紋認証や顔認証が使えます。

TONE e19はTONE m17と比べて性能が全体的にアップしています。

「TONE e19」の詳細スペックと評判・評価口コミレビュー

TONEモバイルの「TONE m17」の端末メーカーの詳細

TONEモバイルのTONE m17は富士通コネクテッドテクノロジーズが製造しています。

防水防塵仕様で1310万画素の高画質カメラ、おサイフケータイ(モバイルFeliCa)、ワンセグに対応した高性能スマホになっています。

防水、防塵、耐衝撃の技術を採用した「TONEダメージレス構造」によって、1.5mの高さから落としたり水に濡れたりしても、壊れないようになっています。防水性能はIPX5/8等級、防塵性能はIP6X等級を確保し、泡ハンドソープや家庭用液体洗剤で洗える防水性能があります。

TONE m17は子供用スマホで唯一のタフネススマホです。子供がスマホを落下させたり汚したりしてもスマホを壊すこと無く綺麗にして使うことが可能になりました。

「TONE m17」の詳細スペックと評判・評価口コミレビュー

TONEモバイルの「TONE m15」の端末メーカーの詳細

TONEモバイルのTONE m15の端末メーカーはフリービット製となっています。

TONE e20はTONE e19ではTONE 20がおすすめ

TONEモバイルのスマホTONE e19とTONE e20の2つの機種がありますが、TONE e20が最近機種で、

現在はTONE e19とe20の2つから選べますが少しするとTONE e20の一機種になります。

価格は同じなので性能の高い「TONE 20」がおすすめというより一択です。

武中
特別な理由がない限り最新機種のTONE e20を選んでください。TONE e19は在庫処分として選べるだけです。

TONE e20とTONE e19の比較と違い

製品名トーンモバイル TONE e20トーンモバイル TONE e19
発売日2020年02月20日2019年03月01日
価格19800円
キャリアSIMフリー
デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)LTE+LTE、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)4G+3G
スロットnanoSIMx2、2ndスロットはmicroSDと排他利用nanoSIMx2+microSDのトリプルスロット
シリーズTONE(トーン)
発売時のOSAndroid 9.0Android 8.1
SoC(プロセッサー)CPU: MediaTeK Helio P22 MT6762WB オクタコア (2.0GHz)CPU: Snapdragon 450 オクタコア (8×1.8GHz)
ストレージ64GB、microSDカードで320GBに増量可能32GB、microSDカードで288GBに増量可能
外部メモリーmicroSDXC(256GB)
RAM4GB3GB
バッテリー容量3900mAh4000mAh
生体認証指紋認証(背面に設置)、顔認証
モニター6.26インチ、HD+(1520x720ドット)、比率19:9/19.5:95.93インチ、HD+(1512x720ドット)、比率約19:9
パネル液晶ディスプレイ、水滴型ノッチ液晶ディスプレイ、台形型ノッチ
Wi-FiIEEE 802.11 b/g/n
対応バンドLTE: 1 / 3 / 5 / 8 / 18 / 19 / 26 / 28 / 38 / 41、3G: 1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19LTE: 1 / 3 / 19 / 28、3G: 1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
Bluetooth○(4.2)
NFC
おサイフケータイ/FeliCa
GPS
背面/アウトカメラ1200万画素 (標準)+1300万画素 120° (超広角)+200万画素 (深度測定用の予想)1200万画素 (標準)+500万画素 (深度測定用の予想)
カメラ機能TONEカメラ(AIが不適切な写真撮影をブロック)マルチフレーム処理&ブレ防止、AI調整機能、ポートレートモード、背景ぼかし、LEDフラッシュ
正面/インカメラ800万画素
コネクターmicroUSB
3.5mmヘッドホンジャック搭載
防水・防塵機能非対応
テレビ(ワンセグ/フルセグ)非対応
ハイレゾ
共通機能AI機能、ユーザー見守り機能「TONEあんしんAI」、置くだけサポート
その他加速度、重力、光、近接、ジャイロ、ホール、ステップカウンター、デュアルマイク、ブロックチェーン関連技術「The Log」歩数計、動き検知、歩行検知、あんぜんオススメ(位置情報データを元にAIが設定エリアをお勧め)、あんしんレポート(歩きスマホの発生場所を地図上に表示)、エリアアプリロック(設定したエリアでアプリ利用を制限)
76.5mm73.1mm
高さ159mm153.6mm
奥行き(厚み)8.2mm8.9mm
質量(重さ)175g167.5g
カラーホワイトのみ

※表は横スクロールできます。

TONE e20とTONE e19の詳細な内容とレビューは以下のページでまとめています。

TONE e20のスマホの購入先・販売店はこちらから

TONE e20のスマホの購入は以下のTONEモバイルの公式サイトの専用申し込みページからになっています。

詳しは以下のバナーからアクセスしてみてください!

TONEのスマホの申込み方法や手順は以下のページで詳しくまとめていますのでこちらも参考にしてみてください!

TONEモバイルの公式サイトでもっと詳しく>>

※ 新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。

TONEのスマホは月額1000円の料金だけで『ギガ無制限モバイルWi-Fiルーター代わり』として使えて「テレワーク(在宅勤務)」のネット回線としても使えるため爆発的な人気になっています。

↑↑公式サイト、申込みはこちらから↑↑

在庫がなくなり次第 新規申込みの受付が休止となり、TONEのスマホが入手できなくなりますので今のうちに手に入れておくことを強くおすすめします。

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。このサイトの情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです(^^)

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけるとうれしいです(*^^*)