当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。このサイトの情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです(^^)

【重要】TONEモバイルは地下鉄や新幹線でも電波が入る?詳細

※ 新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。

TONEのスマホは月額1000円の料金だけで『ギガ無制限モバイルWi-Fiルーター代わり』として使えて「テレワーク(在宅勤務)」のネット回線としても使えるため爆発的な人気になっています。

↑↑公式サイト、申込みはこちらから↑↑

在庫がなくなり次第、新規申込みの受付が休止となり、TONEのスマホが入手できなくなりますので今のうちに手に入れておくことを強くおすすめします。

TONEモバイル(トーンモバイル)を考えている時に気になるのは電波の入りにくい地下鉄や新幹線でも電波がはいるのか?ということはないでしょうか。

結論から書くと、TONEモバイルは地地下鉄や移動中の電車の中、新幹線の中、山間部や登山中、山頂、高層ビルの中などどこでも電波が入ります

TONEモバイルは電波ナンバー1のdocomoのアンテナや設備を借りているため、docomoが繋がるエリアであればどこでも電波がはいります。

武中
TONEのスマホのエリアも電波の入り具合もドコモと直接契約しているiPhoneやAndroidスマホと全く同じです

電波に関して心配する必要は全くありません。

TONEモバイル公式サイト

TONEモバイルの電波エリアはdocomoと全く同じ

TONEモバイルはツタヤが販売しているスマホですが、使っているアンテナや設備はdocomoから借りて使っています。

そのため、電波エリアはdocomoと全く同じで電波が入らない場所を見つけるほうが難しいくらいどこでも繋がります。

地下鉄や移動中の電車の中、新幹線の中、山間部や登山中、山頂でもdocomoの電波が来ている場所であればTONEモバイルは電波が入ります。

私も普段からTONEモバイルの電波のつかみ具合を確かめていますが、地下鉄や山間部、富士山登山でも駐車場から山頂までずっと電波を掴んでいました。

TONEモバイルの電波のエリアはかなり優秀です。

TONEモバイルはどの時間帯でも回線速度や品質が安定している

TONEモバイルは公式アナウンスの通信速度は500kbps〜600kbpsの通信速度と公表されています。この500kbps – 600kbpsという通信速度で中速と言われています。

しかしTONEモバイルの通信速度の実測値は1.0Mbps〜1.5Mbpsで公式でアナウンスされている通信速度の2倍〜5倍ほど出ておりかなり快適に利用できます。

はじめてのスマホや子供用やシニア用、はなれて暮らす家族用のスマホとしては十分過ぎる回線品質とスマホの性能になっています。

TONEモバイルの電波の入り具合はdocomoと全く同じでとても良いので全く心配する必要はありません。

ドコモのスマホやiPhoneが使えている場所であれば日本全国どこでもTONEのスマホを使うことができます。

武中
ドコモは電波の入らない場所を探すのが難しいくらい電波の入りがいいので、ドコモの電波明日を使っているTONEの電波の入りを心配する必要はありません。

TONEモバイルの公式サイトでもっと詳しく>>

※ 新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。

TONEのスマホは月額1000円の料金だけで『ギガ無制限モバイルWi-Fiルーター代わり』として使えて「テレワーク(在宅勤務)」のネット回線としても使えるため爆発的な人気になっています。

↑↑公式サイト、申込みはこちらから↑↑

在庫がなくなり次第、新規申込みの受付が休止となり、TONEのスマホが入手できなくなりますので今のうちに手に入れておくことを強くおすすめします。

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。このサイトの情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです(^^)

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけるとうれしいです(*^^*)