この記事がお役に立ちましたらシェアしよう!:D

【必見】TONEモバイルは自宅のインターネット代わりに使える?

TONEモバイル(トーンモバイル)はTONEのm15のスマホが契約すると届きますが、m15は最初から無料でテザリングが使い放題の格安スマホです。

結論から先に書くと、TONEモバイルは自宅のインターネットの代わりとして使えます。

スポンサーリンク

TONEモバイルは自宅のインターネットとして利用可能

TONEモバイルの格安スマホm15とm14は最初からテザリングが使い放題の格安SIMが挿入された格安スマホです。

特別な事をなにもしなくても最初からテザリングが使えるようになっているため、テザリングをONにしたらすぐにテザリングが利用できます。

インターネットに接続したいパソコン(PC)やタブレット、スマホをTONEのm15やm14のWiFiアクセスポイントに接続するだけでインターネットが使い放題になります。

しまりすさん
最初からテザリングが無料で使えちゃうの!?♪自宅のインターネットとして使ってもいいのかな〜♪
武中
うん。TONEモバイルは最初からテザリングが無料で使い放題の格安スマホだから届いたらすぐにテザリングが使えるんだ。自宅のインターネット回線の代わりに使っている人もいっぱいいるんだ。一人暮らしの人に特に人気になってるよ。
しまりすさん
すごいね〜自宅のインターネットの代わりに使おっと♪

↑設定のなかにWi-FiテザリングのスイッチがあるのでそれをONにしたらすぐにテザリングが使えます。外出先ではとても役に立ちます。

TONEモバイルは月額1000円だけでテザリングが使い放題

しまりすさん
テザリング使っても追加料金とか請求されない?〜♪
武中
月額1000円にテザリングの料金も含まれているからされないよ。テザリングは完全無料で使えるんだ。
しまりすさん
はじめての子供用スマホや、家族用のスマホとしてもいいね〜♪

トーンモバイルはテザリングで自宅のインターネットの代わりととして使っても追加料金などは一切かかりません。

TONEモバイルの月額1000円の料金だけで自宅のインターネットもまかなうことができます。

TONEモバイルで使える3つのテザリングの方法
  1. Wi-Fiテザリング
  2. Bluetoothテザリング
  3. USBテザリング

Wi-Fiテザリング

Wi-FiテザリングはTONEモバイルのスマホをWiFiアクセスポイント代わりにしてテザリングをする方法です。

3つのあるテザリング方法の中で最もバッテリーを消費しますが、通信速度はUSBテザリングの次に高速で、対応している機器が多いのが特徴です。

WiFiテザリングは基本的にゲーム機やパソコン、スマホなどの機器にWiFi機能がついていれば使ます。一部のデスクトップパソコンを除いてほぼすべての機種が対応しています。

もちろんゲーム機はほどすべての物が対応しており、iPhoneやAndroidスマホをWiFiテザリングで接続することでSIMカードを契約せずにTONEモバイルのテザリングだけで運用することも可能です。

Bluetoothテザリング

BluetoothテザリングはBluetooth機能を使ってTONEモバイルのスマホをアクセスポイントにしてテザリングをする方法です。BluetoothテザリングはWiFiテザリングと比べてバッテリー消費がとても少なく常時ONの状態でもほとんどバッテリーを消費しません。

その分、Bluetoothテザリングの最大速度は3Mbpsと低く、Bluetoothに対応している端末はまだまだ少ないです。

最近のパソコンはBluetoothテザリングに対応していますが古いものは対応していませんし、ゲーム機などはほぼすべて対応していません。その代わりにWiFi接続に対応しています。

TONEモバイルは通信速度が実測で1.2Mbps〜1.5Mbpsくらいしかでませんので通信速度的にはBluetoothテザリングで十分なのです。

TONEモバイルの通信速度
  • アナウンスされている通信速度: 500〜600kbps
  • 実際に計測した通信速度(実測): 1.2Mbps〜1.5Mbps

Bluetoothテザリングは1台しか接続できないとよく勘違いされていますが、実は複数台の端末のiPhoneやAndroidスマホ、パソコンを同時にBluetoothテザリングでインターネットに接続することができます。

USBテザリング

USBテザリングは主にパソコン(PC)用で、外出先などでパソコンをインターネットに接続したいときに使用します。

メリットは通信速度が3つのテザリング方法の中で最速で、パソコンに接続しながら使うので自動的に充電され、バッテリーの残量を気にしないで使うことができます。

ただし、対応しているのはパソコンくらいでWindowsもMacもLinuxもノートパソコンでなくてもデスクトップでもUSBテザリングを使ってインターネットに接続することができます。

TONEモバイルはテザリングでもバッテリーが長持ち

テザリングを使う上で心配なのはバッテリー(電池)の持ち具合ではないでしょうか。

TONEモバイルのTONE m15は大容量バッテリーを搭載しているのでバッテリーはかなり持ちます。一日中テザリングを使っていてもバッテリーがもつくらいバッテリーの持ちが良くなっています。

TONEの3つのテザリングのバッテリーの持ち時間
  • WiFiテザリングでは16時間連続で使えました
  • Bluetoothテザリングでは24時間連続で使えました
  • USBテザリングは充電しながらなのでバッテリーの消費なしで使えました

【必見】TONEモバイルはテザリングが無料で使い放題!詳細を解説

インターネット利用料金を節約できる

TONEモバイルは月額1000円という月額料金なのに最初からテザリングが使える格安スマホです。自宅のインターネット回線のような高速通信ではありませんが、高画質な動画をみなければ速度で不満を感じることはありません。

TONEモバイルは自宅のインターネット回線の代わりととして使っても月額料金は1000円です。どれだけテザリングでインターネットを使っても追加料金を請求されたりすることはありません。

インターネットの速度をあまり気にしない方にとってTONEモバイルのテザリングはとても便利なので引越しした直後や外出先からインターネットに接続したい、喫茶店やカフェからパソコンをインターネットに接続して仕事をしたい場合にも

TONEモバイルはテザリングが最初から使えるため、フリーWiFiを探さなくてもインターネットに接続できるのはとても便利です。

TONEモバイルのテザリングは使っても使わなくても月額料金は同じなのでぜひ有効活用してあげて下さい。

しまりすさん
外出先や旅行でインターネットを使いたい時も便利だね〜♪
武中
TONEはdocomo回線でどこでも繋がるから便利に使えるよ。無料だから好きなだけ使ってあげると良いよ。

TONEモバイルのSIMカードは使い回しができる

TONEモバイルの格安スマホは中に格安SIMというものが入っています。

ほとんどの人は公式サイトでSIMカード単体で使えると公表されていないためこの格安SIMを挿し替えて使ったり、使い回しができないと思っています。

実はTONEモバイルはSIMカードを挿し替えて利用することが可能です。

しまりすさん
TONEモバイルってSIM単体でも使えるんだ!?知らなかった〜♪
武中
公式ではSIM単体で使用するのは推薦されていないけど、SIMカードだけでも使えるよ!

docomoで契約していたAndroidスマホやiPhone、SIMフリーのスマホやiPhone、タブレット、iPadであればTONEモバイルのSIMカードを挿して通話(090通話オプションを契約していた場合)も通信もすることができます。

TONEモバイルのSIMが使える端末一覧
  • ドコモで契約しているまたは契約していたAndoidスマホ
  • ドコモで契約しているまたは契約していたAndroidタブレット
  • SIMフリー版のAndoidスマホ
  • SIMフリー版のAndroidタブレット
  • ドコモで契約しているまたはしていたiPhone
  • ドコモで契約しているまたはしていたiPad
  • SIMフリー版のiPhone
  • SIMフリー版のiPad

TONEのSIMカードをiPhone・iPadで使うことも可能

TONEモバイルのSIMカードをAndroidスマホやタブレット、iPhoneやiPadで使う手順は下記のページで個別にまとめましたので参考にしてみて下さい。

【保存版】TONEモバイルのSIMをiPhoneで使う方法手順を解説!

TONEのスマホはSIMフリー端末!他の格安SIMでも利用が可能

これもあまり知られていないことですが、TONEモバイルのm14もm15もSIMフリー端末です。他の格安SIMを挿してAPNの初期設定さえすれば通話もデータ通信も使うことができます。

TONEモバイルのSIMカードをAndroidスマホやタブレット、iPhoneやiPadで利用して余ったTONEのスマホは他の格安SIMを挿して使うことができます。

これが意味するのは、iPhoneやスマホが月額1000円で運用できるということです。TONEのスマホには大手キャリアのSIMカードを挿しておけば例えばdocomoのSIMカードを挿した場合TONEのスマホで通話もデータ通信もすることができます。

TONEモバイルは月額1000円という低価格が魅力なのではじめやすく、2年などの期間を使ったあとに他の格安スマホに乗り換えた時もTONEの余ったスマホは格安SIMを挿して有効活用することができます。

TONEはdocomo回線なのでどこでも繋がる

TONEモバイルは月額1000円という大手キャリアと比べると1/10や1/5くらいの月額料金のため回線の品質が悪いのではとか、繋がりにくいのでは?と思うかもしれません。

しかし、全くそのようなことはなくTONEモバイルはdocomoの回線や設備を借りてサービスを提供している格安スマホ(SIM単体で使った時は格安SIM)なので大手キャリアのdocomoと全く同じ品質で利用できます。

TONEモバイルのSIMカードは地下鉄や地下、電車内、山間部、山奥、新幹線の中、九州や北海道、四国などどこでも安定して繋がり、つながらない場所を見つけるのが難しいくらいです。

しまりすさん
docomo回線って電波が入らな場所ないよね〜♪
武中
TONEはドコモ回線を使っていてドコモは大手3キャリアでも一番電波がいいからTONEモバイルはすごく電波の入りがいいよ。圏外は1度も見たことないくらい。

トーンモバイルは月額1000円なので自宅のインターネットもTONEのテザリングを使うようにすれば料金の高いインターネット回線の代金を丸々節約することができます。

インターネット回線の月額料金はとても高いので嬉しいことではないかと思います。TONEのテザリングは使っても使わなくても月額料金は同じなのでぜひ有効活用してあげてくださいね。

TONEモバイル公式サイト

5/31まで!1年間 月額料金0円+1万円スマホ代金割引キャンペーン中!

キャンペーン中に契約するとどの格安スマホよりもお得に利用できます。

スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアしよう!:D

スポンサーリンク