最終更新日:2017/12/11

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【保存版】ネット使い放題で最安で速い格安スマホ格安SIMはありますか?

インターネットが使い放題の格安SIMはほとんどどれも実際に出る速度(実測値)が遅いものばかりです。しかしほとんどの人が知らないネット使い放題で最安で通信速度が速い格安SIMはTONEモバイルのSIMです。

TONEモバイルはスマホとセットでしか購入出来ませんが月額1000円という驚異的な安さとネット使い放題テザリング使い放題、データ使用量制限無し速度制限無しとなっています。公表されている測度は500kbps〜600kbpsとなっていますが速度は実測で1.0Mbps〜2.5Mbps程度出て安定して十分な速度が出ます。

TONEモバイル

スポンサーリンク

ネット使い放題で最安で速い格安スマホ格安SIMは「TONE」のSIM

使い放題の格安SIMはどれも速度が遅い

速度制限無しでデータ通信使い放題の格安SIMはU-mobile、neroモバイル、DTI SIM、ぷららモバイルLTE、ピクセラモバイル、@モバイルくんなどがあります。

しかし、どれも実際に出る速度は夜中などでは5〜10Mbpsくらい出たりしますが、利用者が多すぎて日中や通勤時間、お昼休みなどの利用者が増える時間帯は500kbpsも速度は出ません、ひどい時では100kbpsも出ないときも多々あり、使い放題の格安SIMを契約していてもストレスがたまるばかりです。

また、直近3日間で3GB制限などもあるので大量にデータ通信ができないようになっています。UQ mobileは500kbpsの使い放題格安SIMですがこれはちゃんと500kbpsの速度が安定して出ます。ただしUQ mobileはau回線を使っているのでdocomoのスマホやiPhoneでは使えません。

TONEのSIMカードはネット使い放題で3日制限もなしテザリングも使い放題

使い放題のSIMカードとしてほとんどの人が知らないのがツタヤが販売しているTONEモバイルのスマホのSIMカードです。

これはネット使い放題で3日制限もなし、最初からテザリングも使い放題で月額1000円TONEモバイルの通信速度安定して1.0Mbps〜2.5Mbpsくらいでます。

1.0Mbps〜2.5Mbpsの通信速度は遅い?と思うかもしれませんが普通にネットを使う分には十分な速度で高画質な動画を見なければ通信速度で困ることはありません。

TONEモバイルのSIMが安定して速度がでる理由はネット使い放題としてモバイルルーターに挿して使ったり自宅のインターネット代わりに使えるSIMですがそのような使い方をしている人が少ないからです。

またTONEモバイルは最初からテザリングが無料で使い放題のSIMです。そのためどれだけデータ通信をしても速度制限をされることはなく本当の使い放題のSIMカードになっています。

TONEのスマホははじめてもスマホユーザー、はじめても子供用スマホ、はじめても高齢者用スマホとして販売しているのでデータ通信をハードに使う人がいないもの大きな要因になっています。

ただしTONEはスマホとSIMがセットになっているのでスマホが必要ない場合にはスマホ分が余分になってしまいます。

しかしTONEのスマホは新品同然の状態であればそれなりの値段で売却できあすので使用しないTONEのスマホを換金して月額料金に回すとかなり無駄ななく使い放題の格安SIMを手に入れることが可能です。

TONEモバイルのSIMは挿し替えが可能でiPhoneやAndroidスマホでも使える

TONEモバイルのSIMカードは実はTONEのスマホ以外でも利用できます。iPhoneやiPad、モバイルルーターに挿せばデータ通信も音声通話もすることができます。

【必見】TONEモバイルは「SIMの差し替え」ができますか?詳細を解説!

※090の番号から始まる音声通話をするには090の番号をMNPか新規で登録している必要があります。TONEは最初からついてくる電話番号は050のIP電話の電話番号です。090はオプションになっています。

docomoで契約していたまたはしているAndroidスマホやiPhone、SIMフリーのスマホやiPhone、タブレット、iPadであればTONEモバイルのSIMカードを挿して通話も通信もすることができます。データ通信使い放題、3日制限なし、速度制限なし(500〜600kbpsの速度制限は廃止されました)を最大限活用することができます。

TONEモバイルのSIMカードをAndroidスマホやタブレット、iPhoneやiPadで使う手順は下記のページで個別にまとめましたので参考にしてみて下さい。Androidのスマホやタブレットの場合は下記のAPNを設定すればデータ通信も音声通話も利用できます。

名前お好きな名前を任意に入力(例:TONE)
APNdream.jp (ディー・アール・イー・エー・エム・ドット・ジェ・ピー)
ユーザー名user@dream.jp
パスワードdti
認証タイプ「CHAP」を選択

iPhoneの場合はAPNの設定ではなくプロファイルのインストールがAPNの設定と同じ内容なので下記の手順の通りにプロファイルをインストールすればデータ通信(インターネット)も音声通話もすることができます。

【保存版】TONEモバイルのSIMをiPhoneで使う方法手順を解説!

TONEモバイルの公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

過去最強!今だけ!同一名義で同時に2台以上契約で1回線あたり月額料金6ヶ月無料(0円タダ!)キャンペーン中!(>>TONEモバイル最新キャンペーンの詳細

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

スポンサーリンク