当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。このサイトの情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです(^^)

【秘密】無制限Wi-Fiの代わりに使える使い放題のSIMはTONE

使い放題のポケットWiFiやモバイルルーターのように容量制限なし3日制限無し速度制限なしで使える最安の格安SIMを探している方も多いかと思います。

結論から先に書くと、トーンモバイルのスマホ「TONE」のSIMカードを使うことです。

データ容量制限なし、3日制限無し、速度制限なしで使い放題です。

テザリングも最初から無料で使い放題で月額1100円(税込)だけで利用できます。

もちろんトーンモバイルのスマホも無制限Wi-Fiの代わりに使えるスマホです。

トーンモバイルのスマホからSIMカードだけ取り出してWi-Fiルーターに挿入して使ったり、トーンモバイルのスマホを「Wi-Fiルーターの代わりにするテザリング機能」を使っても無制限Wi-Fiとして使えます。

トーンモバイルの公式サイトでもっと詳しく

武中
私もこのSIMにたどり着くまでに散々さがし無駄な投資をしました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

モバイルルーターポケットWiFIの代わりに使える使い放題の格安スマホ、SIMは「TONE」のSIM

使い放題の格安SIMはUQ mobile、U-mobile、DTI SIM、@モバイル、ぷららモバイルLTEがありますがどれも月額料金が2000円〜4000円ほどで3日制限があり

武中
実際は速度がものすごく遅く使いものにならないのと言うのが実際にすべて使ってテストした素直な感想です。トーンモバイルを選んだほうが断然快適です。

UQ mobileだけでは安定して速度がでていましたが月額2000円で通信速度500kbpps、3日制限ありなのでお得とは言えません。

トーンモバイルのスマホは月額1000円で1.5Mbps〜2.0Mbpsの安定した速度で3日や速度制限、容量制限などはいっさいなしの完全無制限のSIMカードです。

そのためこれに気がついた人はトーンモバイルのスマホのSIMカードをモバイルルーターに挿して使ったりAndroidスマホに挿して使ったり、iPhoneに挿して使ったりしています。

武中
トーンモバイルのスマホを自宅のインターネット代わりに使っている人も多くいます。実は快適に使えます。

実際に私が自宅のインターネットと外出時のモバイルルーターとして使っていて月に20GBほど通信していますが一切制限されることなく快適に使えています。

トーンモバイルのSIMは完全使い放題で速度も速く制限一切なし!テザリングも使い放題

  • 3日制限なし
  • 実測1.5Mbps〜2.0Mbpsで安定して速度がでる
  • テザリングが無料で使い放題
  • 月額料金1000円
  • データ通信量制限なし
  • 通信制限なし

トーンモバイルのSIMは通信速度が速くて安定している

トーンモバイルのスマホの通信速度の実測値は1.2Mbps〜1.5Mbpsで公式でアナウンスされている通信速度の2倍〜5倍ほど出ています。

また、2017年8月1日からトーンモバイルのスマホ「TONE」の500~600kbpsの速度上限制限が解除され実測で1.5Mbps〜2.0Mbps程度でるようになりました。高速チケットを購入しなくても十分な速度がでています。

トーンモバイルのスマホの通信速度
  • アナウンスされている通信速度: 500〜600kbps
  • 実際に計測した通信速度(実測): 1.5Mbps〜2.0Mbps(2017/8/17測定)

【保存版】トーンモバイルのスマホの通信速度・回線速度・実測

ほかの使い放題の格安SIMは全く速度が出ない

自宅のインターネット回線の代わりになるSIMをずっと探していたのでUQ mobile、U-mobile、DTI SIM、@モバイル、ぷららモバイルLTEともすべて契約して使っていますが、トーンモバイルの通信品質を超えるものはありません。

こららの格安SIMは公式サイトなどでは150Mbpsや225Mbpsなどと記載されていますがあれはあくまで理論値であり実測値ではありません

実測値は本当に速度がでなくて速度がでて3.0Mbpsくらいで日中の時間帯は100kbps(0.1Mbps)〜150kbos(0.15Mbps)くらいしか実測ではでていなくとにかく遅く使い物にならないレベルなのでストレスが溜まります。

これは実際に契約して使ってみて初めて失敗したと気がつくことです。

使い放題の格安SIMの通信速度
  • 公表されている通信速度: 150Mbps,225Mbps(あくまで理論値なので出ない)
  • 実際に出る通信速度(実測): 100kbps(0.1Mbps)〜150kbos(0.15Mbps)

これは使い放題の格安SIMとして販売されているため利用者が大量のデータ通信をするためです。回線がそのデータ通信に追いついていないでいつもパンク寸前なのです。

トーンモバイルのスマホはそもそもはじめてのスマホユーザーや子供向けスマホとして販売されているものなので大量のデータ通信をしたりする人がほとんどいないので回線がいつも空いています。

トーンモバイルの回線はdocomo回線を使っているので安定していてどこでもつながる

トーンモバイルが月額料金1000円という価格で回線を提供できるのはdocomoの回線と設備を借りて使っているからです。

ドコモ回線なので回線自体も安定していて混み合う時間帯である昼間や通勤時間でも速度低下することなく快適に通信をすることができます。

エリアやつながりやすさはdocomoと全く同じになります。docomoのスマホや携帯の電波の入る場所であればトーンモバイルのスマホも同じように電波を掴んで使うことができます。

3G通信やLTE通信、通話はすべてドコモのエリアと同じで利用できます。

トーンモバイルの人口カバー率
  • トーンモバイルの人口カバー率: 100%(docomoの設備や回線使用のため)

【必見】トーンモバイルのスマホは山間部や田舎、山奥や登山でも使えますか?

トーンモバイルのデメリット:スマホとセット契約

トーンモバイルのスマホは自宅のインターネットの代わりに使ったり、使い放題の格安SIM代わりに使うには最適ですが、デメリットが1つあり基本の契約はSIMカード単体での契約はできなくスマホとセットでの契約になります。

使い放題の格安SIMとして使っている人は余ったスマホは2台持ちしたりヤフオクやメルカリなどで売ってSIMカードだけ利用しています。それなりの値段で売却できます。

トーンモバイルのSIMを使うデメリット
  • スマホとセットでしか購入できない(SIM単体契約は不可)

トーンモバイルで選べるスマホの詳細とおすすめのスマホ

トーンモバイルのスマホは現在TONE e21の1機種の販売となっています。

【保存版】トーンモバイルの申し込み契約方法・手順まとめ

トーンモバイルの販売中の端末
  • TONE e20: 販売中 おすすめ!
  • TONE e19: 販売終了
  • TONE m17: 販売終了
  • TONE m15: 販売終了
  • TONE m14: 販売終了

トーンモバイルのスマホTONE e20はケースの種類がかなり多く選べるので自分にあったケースが選べます。

【保存版】トーンモバイルスマホ「TONE」の全ケースまとめ!画像大量で紹介!

TONE e20 – ワイドディスプレイやトリプルキャリア、大容量バッテリー搭載の超高性能スマホ

TONE e20の詳細な内容とレビューは以下のページでまとめています。

TONE e20とTONE e19の比較と違い

製品名トーンモバイル TONE e20トーンモバイル TONE e19
発売日2020年02月20日2019年03月01日
価格19800円
キャリアSIMフリー
デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)LTE+LTE、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)4G+3G
スロットnanoSIMx2、2ndスロットはmicroSDと排他利用nanoSIMx2+microSDのトリプルスロット
シリーズTONE(トーン)
発売時のOSAndroid 9.0Android 8.1
SoC(プロセッサー)CPU: MediaTeK Helio P22 MT6762WB オクタコア (2.0GHz)CPU: Snapdragon 450 オクタコア (8×1.8GHz)
ストレージ64GB、microSDカードで320GBに増量可能32GB、microSDカードで288GBに増量可能
外部メモリーmicroSDXC(256GB)
RAM4GB3GB
バッテリー容量3900mAh4000mAh
生体認証指紋認証(背面に設置)、顔認証
モニター6.26インチ、HD+(1520x720ドット)、比率19:9/19.5:95.93インチ、HD+(1512x720ドット)、比率約19:9
パネル液晶ディスプレイ、水滴型ノッチ液晶ディスプレイ、台形型ノッチ
Wi-FiIEEE 802.11 b/g/n
対応バンドLTE: 1 / 3 / 5 / 8 / 18 / 19 / 26 / 28 / 38 / 41、3G: 1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19LTE: 1 / 3 / 19 / 28、3G: 1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
Bluetooth対応(4.2)
NFC非対応対応
GPS対応
背面/アウトカメラ1200万画素 (標準)+1300万画素 120° (超広角)+200万画素1200万画素 (標準)+500万画素 (深度測定用の予想)
カメラ機能TONEカメラ(AIが不適切な写真撮影をブロック)マルチフレーム処理&ブレ防止、AI調整機能、ポートレートモード、背景ぼかし、LEDフラッシュ
正面/インカメラ800万画素
コネクターmicroUSB
3.5mmヘッドホンジャック搭載
防水・防塵機能非対応
テレビ(ワンセグ/フルセグ)非対応
ハイレゾ
共通機能AI機能、ユーザー見守り機能「TONEあんしんAI」、置くだけサポート
その他加速度、重力、光、近接、ジャイロ、ホール、ステップカウンター、デュアルマイク、ブロックチェーン関連技術「The Log」歩数計、動き検知、歩行検知、あんぜんオススメ(位置情報データを元にAIが設定エリアをお勧め)、あんしんレポート(歩きスマホの発生場所を地図上に表示)、エリアアプリロック(設定したエリアでアプリ利用を制限)
76.5mm73.1mm
高さ159mm153.6mm
奥行き(厚み)8.2mm8.9mm
質量(重さ)175g167.5g
カラーホワイトのみ

※表は横スクロールできます。

※赤字部分が性能アップした部分です。

【保存版】TONE e20とTONE e19の違い比較と選び方

【必見】子供用のはじめての格安スマホは「TONE」が選ばれている理由

トーンモバイルのスマホ「TONE e20」は最新の高性能スマホ

TONE e20はTONE e19をさらに高性能にしてスペックアップした最新の高性能スマホです。

どのようなゲームやアプリでもさくさくと動作させることができます。

TONE e19との一番大きな違いはカメラ性能

TONE e19からすべての部分で性能がアップしていてカメラは大幅に性能アップしました。

TONEのe20は最初からテザリングも無料で使い放題でポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)として使えるので通信費も安くすみます。

トーンモバイルのスマホのサイズ・大きさは?

トーンモバイルのスマホは現在最新機種のTONE e19が販売されていますが、TONEm17、TONE m15、TONE m14は販売終了しています。

それぞれのスマホのサイズは以下のとおりです。

  • TONE m14のサイズ(大きさ)は151×77.5×9.5mm(販売終了)
  • TONE m15のサイズ(大きさ)は147.9×74.5×8.6 mm(販売終了)
  • TONE m17:のサイズ(大きさ)は144mm×71mm×8mm(販売終了)
  • TONE e19のサイズ(大きさ)は153.6 x 73.1 x 8.9mm(販売終了)
  • TONE e20のサイズ(大きさ)は159mm x 76.5 x 8.2(販売中)

※タテ、横、厚さの順の数値です。

TONE e20とTONE e19の詳細な内容とレビューは以下のページでまとめています。

しまりすさん
LINEや好きなアプリも自由にインストールし放題なんだ♪
武中
うん。LINEもゲームもどんなアプリであってもGoogle Playからダウンロードできるアプリであったらなんでもインストールできるよ!

トーンモバイルの公式サイトでもっと詳しく>>

※ 新型コロナウイルスの自粛の影響と一部学校の再開で爆発的な人気になっています。

TONEのスマホは月額1100円の料金だけで『SMSと090電話付き』『ギガ無制限モバイルWi-Fiルーター代わり』として使えて「リモート授業」のネット回線&スマホとしても使えるため爆発的な人気になっています。

↑↑公式サイト、申込みはこちらから↑↑

在庫がなくなり次第、新規申込みの受付が休止となり、TONEのスマホが入手できなくなりますので今のうちに手に入れておくことを強くおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。このサイトの情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです(^^)

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけるとうれしいです(*^^*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク