当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【必見】子供のスマホ依存症を治してやめさせられたたった1つの方法

小学生や中学生、高校生の子供のスマホ依存やスマホ中毒に悩んでいる親やママは全国でたくさんいます。スマホ中毒は早い段階でやめさせて治療をしないと不登校になったり引きこもりになったります。

結論から先に書くと、スマホ中毒やスマホ依存症を治すにはスマホ制限機能とこども見守り機能が充実しているTONEモバイルのスマホにすることです。スマホの利用時間を減らすことでスマホ中毒やスマホ依存症は完治します。

TONEモバイルのスマホはスマホ中毒や依存症にならないように利用時間制限やアプリ制限などが柔軟に行えるため家庭内で決めたルールを守らない子供であってもスマホを取り上げること無くスマホの利用時間やアプリやゲームなどを制限することが出来ます。

スマホ中毒やスマホ依存症は重症化すると脳に異常が起き、学力低下や暴力や暴言、自殺に発展したケースも多く早めにやめさせる必要があります。一番いいことはスマホ中毒や依存症にならないように最初から環境を作っておくことです。すでのスマホ中毒や依存症になっていても今からでも治せます。

武中ママ
家の子供はTONEのスマホにして利用時間制限をかけるようにしてから感情が豊かになり家族との会話が増えました。
スポンサーリンク

子供のスマホは時間制限や利用制限ができるものを選ぶ

スマホ依存症になる子供には、家庭内や親と子供で決めたルールを守らないで長時間スマホを利用するという共通する特徴があります。普通のスマホでは利用時間制限や使わせたくないアプリの制限などはできません。

しかしTSUTAYAのスマホTONEは最初からスマホやインターネットの利用時間制限ができ、親が許可したアプリやゲームしかインストールできないように制限ができます。

そのため家庭内のルールを決めさらにスマホ側でも制限がされるためスマホ依存やスマホ中毒を事前に防ぐことができたという実績が多数あり、

  • 子供のスマホ=TONEのスマホ

というほど小学生や中学生、高校生の子供を持つ母親に選ばれています。子供がスマホ依存やスマホ中毒になったら治すのは大変ですがならないために事前に対策をしておくことも重要です。

武中ママ
利用時間制限はスマホ自体やネットだけ、特定のアプリなど細かく設定できます。子供とした約束の内容で制限をかけているので不満も出ていなくちゃんと勉強もしています。

スマホ依存やスマホ中毒っぽい症状がでたらすぐにでもスマホ制限をする

スマホ依存やスマホ中毒のような典型的な症状は下記になります。もしこのような症状がでてもいきなりスマホを取り上げてはいけません。パニック症状を起こし自殺をしたりリストカットをしたりして危険な状態に陥ることがあります。

子供のスマホを新しくしてあげるなどと上手く行ってスマホの利用制限と親が利用状況が確認できるTONEのスマホに乗り換えさせてスマホの利用時間を制限をするのが最善策です。我が家も細かく制限しています。

わたしもスマホ中毒の子供を持つママと交流が多くありますが、スマホ制限と子供の行動やスマホの利用状況がわかるようになってからスマホ中毒やスマホ依存症が治ったという話をよく聞いています。

TONEのスマホ制限機能は強力なので親が指定した時間以外はインターネットもアプリもスマホの操作も一切できなくなります。スマホが触りたくても触れないのです。

スマホ依存症やスマホ中毒はスマホの利用時間を減らすと改善し、継続することで完治します。

親がスマホの使用時間を制限できたり、サイトやアプリの使用制限を行うことのできたりするスマホを、なるべく早い段階から持たせることが一番効果があります。

これらは強行的に行うのではなく、子供と話し合いながら一緒にルールを決めてさらにスマホ側でのそのルールの通りしか使えないように制限をかけておくことが大事です。

武中ママ
家の子はスマホ中毒やスマホ依存症にさせるのが怖くて早めから制限できるTONEのスマホに乗り換えました。そのためスマホ中毒や常にスマホを持っているようなことがなく家族との会話もスマホを持たせる前と変わっていません

スマホ依存やスマホ中毒の症状

  • 学校の成績が下がった
  • 家族と話すよりスマホを触っていることが多い
  • キレやすくなった
  • いつもスマホを持っていてないと不安になる
  • インターネットの利用時間を自分でコントロールできない
  • スマホを取り上げるとパニック状態に陥る
  • 一緒に御飯を食べなくなった、夜更かししている
  • 常にスマホを手から離さない
  • 家族との会話が少なくなる
  • 隠し事や話さない事が多くなる

TONEのスマホに乗り換えてスマホ制限をして治療する

普通のスマホはインターネットの利用制限やアプリのインストール制限などの機能はなく子供の行動や現在位置、1日の行動履歴などもわかりません。しかしTSUTAYAのスマホTONEが選ばれているのはこれらの制限機能や見守り機能がすべて最初からついていて子供を守れるからです。

もちろんアプリだけでなくLINEやインターネットの利用時間制限、スマホもロックもできます。

TSUTAYAのスマホTONEができるスマホ利用制限の詳細

TONEモバイルの「子供のスマホ利用制限」の機能詳細
  1. アプリの使用制限(特定のアプリを起動・インストールできないようにする)
  2. アプリの利用時間制限(利用できる時間をアプリごとに設定できる)
  3. 子供の居場所、現在位置をいつでもGPSで確認できる
  4. 歩きスマホの警告機能(歩きスマホをしていると検知して警告)
  5. 無料のダウンロード可能、有料アプリは不可制限
  6. 特定のサイトを表示できないように制限(Webフィルタリング)
  7. インターネットの利用時間制限(特定の時間しかネットができないようにする
  8. アプリダウンロードの親への通知機能(アプリをダウンロードしたら通知がくる)
  9. アクセスしたWEBサイトの内容を確認する(子供が履歴を消しても確認可能)
  10. 指定の時間以外はスマホをロックして操作できないようにする(親への連絡は可能)
  11. 指定のスマホを使わせたくない場所はスマホをロックして操作できないようにする(親が自由に設定可能)

TONEモバイルはこれらの機能が最初からすべて無料で利用できます。

普通のAndroidスマホを専用の制限アプリを使ってこれらの制限をかけると制限をかけるアプリが有料ですべて自分でインストールして設定をしないといけないのですごく手間がかか専門の知識がないと設定することができません。

武中ママ
Androidスマホの時にアプリで制限をかけようと思ったら難しすぎて無理でした。TONEのスマホは機械やスマホがあまり得意じゃない私でもすごく簡単に設定できました。

これから子供用にはじめてのスマホを選ぶ時はTONEのスマホを選んでおけば間違いありませんが、すでに子供がスマホ中毒やスマホ依存になっていた場合はできるだけ早くスマホの利用制限ができるTONEのスマホに乗り換えることで

子供のスマホ依存やスマホ中毒を治して治療することができます。子供がスマホ依存やスマホ中毒になる原因はスマホの利用時間が長すぎるからです。

TONEモバイル公式サイト


8/31まで限定!6ヶ月間 月額料金0円(タダ)キャンペーン中!

スポンサーリンク

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

スポンサーリンク