当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【必見】子供のスマホ問題点とメリット・デメリットまとめ

小学生や中学生、高校生の子供にスマホを持たせたい、子供にスマホが欲しいと言われているけどLINE依存やスマホ中毒、スマホ依存症、子供がスマホに夢中で勉強をしなくなる、家族との会話が減る、ゲーム依存になるなどいろいろな不安があってなかなか子供にスマホを与えるのをためらっていると思います。

この問題は多くの親が同じ悩みを持っていますがたった1つ解決方法があり、制限機能があるTONEのスマホを持たせることですべて解決します。

>>TSUTAYAのスマホTONEのスマホ公式サイト

ここでは、子供のスマホを持たせるメリットでメリット、スマホの問題と子供向けに一番いいスマホを詳しく紹介します。

子供にスマホを持たせる与えるメリット

子供にスマホを持たせメリットはいくつかありますが主に下記になります。

  • 子供と連絡が取れるようになる
  • 帰りが遅い時や災害時の連絡手段が確保できる
  • 子供の居場所を確認することができる
  • 友達との連絡が取りやすくなる
  • 自分でわからないことを調べて学習できるようになる
  • スマホがあると満足してゲーム機をねだれることが減る

子供にスマホを持たせる与えるデメリット

  • スマホ依存症やゲーム依存症・ネット依存症になる危険性がある
  • LINE依存症になる危険性がある
  • スマホを常にいじっていて家庭内の会話が減る
  • 子供とスマホのルールを決めても守られることが少ない
  • 学力低下や集中力が低下するリスクがある
  • ワンクリック詐欺や高額請求に巻き込まれる可能性がある

子供にスマホを持たせる与える問題点

子供にスマホを持たせるとLINEや電話などで連絡がとることができるようになったりTONEモバイルの子供向けスマホを使うといつでも子供の居場所を確認することができるメリットはありますが問題点もあります。

また、中学生全体の63%、高校生全体の99%がスマホをもっていることからスマホを使ったコミュニケーションもできるようになります。逆にスマホを持っていないことでそのグループに入ることができず、孤立したりいじめにあうケースも発生しています。

出典:「未成年の携帯電話・スマートフォン利用実態調査」(PDF)

制限機能のない普通のスマホを持たせるリスク

デメリットは普通のスマホはスマホ自体やゲーム、LINEやSNSなどのアプリの時間制限やスマホ自体やアプリの制限機能がないので子供がスマホ依存や中毒になる危険性があります。実際に制限機能がないスマホを持たせてしまった家庭はスマホ依存にとてもなりやすいのです。

制限機能がないばかりに食事のときもずっとスマホを持っていたり、深夜までずっとスマホをいじっていたりして最初に決めたスマホのルールは守られることなくスマホ依存を加速させてしまいます。

またフィルタリング機能がない普通のスマホ詐欺や高額請求に巻き込まれるだけでなく有害なサイトの情報で犯罪を犯したり、誰かに危害を与えるようなケースに発展するケースもあります。

制限機能付きのスマホを持たせることで解決する

しかし、これらの問題はスマホの制限機能(スマホ自体の時間制限、ネットの時間制限、アプリの時間制限とインストール制限)と居場所確認機能、フィルタリング機能が最初からついてる大手レンタルショップのツタヤが販売するTONEのスマホにすることで解決します。

>>TSUTAYAのスマホTONEモバイル公式サイト

子供用スマホに必須な機能と制限機能

子供にスマホを持たせるデメリット部分を完全に補うにはスマホの制限機能が充実しているスマホに変更することがベストな選択です。気がついた家庭はすでに乗り換えていたり、最初からTSUTAYAのスマホTONEを子供に与えて利用制限掛けて持たせています。

武中ママ
我が家ではTONEのスマホにしてから子供が隠れてスマホのネットやSNSゲームをすることがなくなりご飯のときでもちゃんと降りてきますし学力低下はしていません。

TSUTAYAのスマホTONEができるスマホ利用制限の詳細

多くの子供向けスマホがありますが、最初から子供のインターネットやスマホ自体の利用制限、アプリのインストールや利用時間制限はできるはTSUTAYAのスマホTONEだけです。子供向けに最低なスマホなので子供会推薦スマホとして指定されています。

TONEモバイルの「子供のスマホ利用制限」の機能詳細
  1. アプリの使用制限(特定のアプリを起動・インストールできないようにする)
  2. アプリの利用時間制限(利用できる時間をアプリごとに設定できる)
  3. 子供の居場所、現在位置をいつでもGPSで確認できる
  4. 歩きスマホの警告機能(歩きスマホをしていると検知して警告)
  5. 無料のダウンロード可能、有料アプリは不可制限
  6. 特定のサイトを表示できないように制限(Webフィルタリング)
  7. インターネットの利用時間制限(特定の時間しかネットができないようにする
  8. アプリダウンロードの親への通知機能(アプリをダウンロードしたら通知がくる)
  9. アクセスしたWEBサイトの内容を確認する(子供が履歴を消しても確認可能)
  10. 指定の時間以外はスマホをロックして操作できないようにする(親への連絡は可能)
  11. 指定のスマホを使わせたくない場所はスマホをロックして操作できないようにする(親が自由に設定可能)
  12. LINEやYoutubeなどのアプリの利用時間制限

TONEモバイルはこれらの機能が最初からすべて無料で利用できます。

TONEのスマホは親(保護者)が利用制限を設定できる

TONEのスマホはアプリやスマホ自体の利用時間制限をしたりインターネット利用時間制限をしたりアプリを勝手に使用できないようにしたり利用できる時間を制限することで解決します。

たとえばLINEを使用できる時間を7時から19時までに制限して、ポケモンGOを利用できる時間を1日1時間に制限しています。そもそもアプリ自体を利用できないように制限したりすることも可能です。

親は子供がどれだけアプリを使っているかを稼働時間から確認できるので子供のアプリの利用状況を簡単に把握することができます。

また学校や塾などの特定の場所でスマホ自体を使えないようロックをかけることも可能です。

武中ママ
我が家では子供の居場所が気になった時や帰りが遅い時にはTONEの見守り機能で子供の居場所を確認もしています。とても便利で安心できます。

また子供が勝手にアプリやゲームをダウンロードして利用しようとしても親が許可するまで利用できない制限機能も搭載されています。子供が勝手にゲームをしようとしたこともわかります。

武中ママ
基本的に子供と約束したゲームしかインストールさせていません。子供がこのアプリをインストールする理由をちゃんと説明できたら時間制限をつけてインストールしてあげることにしています。

【必見】子供のLINEの利用制限・時間制限ができるスマホの使い方と手順

アプリやインターネットの利用制限ができる

トーンのスマホはスマホ自体だけでなくインターネットの利用時間制限もできます。

先ほどのアプリのインストール制限のアプリでアプリの利用時間の制限以外にも、TONEのスマホはスマホ自体の利用時間を制限することもできます。

またGPSと連動して特定の塾や学校にいるときはスマホを使えないようにロックをかけさせる機能もあります(親への緊急電話はロック中でも利用できます)

例えば、夜の20時から朝の6時まで利用時間を制限したり、1日6時間までしか使えないように制限することができるので夜中までスマホをいじっていて勉強をしなくなるということを防げます。このような機能があるのはトーンのスマホだけです。

子供用のスマホに一番いいスマホはTONEモバイルのスマホ

はじめての子供用スマホとして約7割の人がツタヤのスマホを選んでおり子供用のスマホとしてこれ以上にベストなスマホはありません。

しかも月額料金は1000円だけと家計にもやさしいととても良い評価を得ています。

TONEモバイルの公式サイト

スポンサーリンク

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけるとうれしいです(*^^*)

今だけ!月額料金3ヶ月無料(0円タダ!)キャンペーン中!(>>TONEモバイル最新キャンペーンの詳細