当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

TONEモバイルのアプリがダウンロードできない場合の対処方法

TONEモバイルのスマホでGooglePlayからアプリのダウンロードができない場合や時間がかかる場合があります。

この理由は、TONEモバイルの通信速度が500kbps〜600kbpsであるからです。

TONEモバイルのスマホでアプリがダウンロードできない時は、自宅のWiFiやコンビニや駅などに設置されている無料のWiFiに接続することでダウンロードができるようになります。

スポンサーリンク

TONEモバイルのアプリがダウンロードできない場合はWiFiに接続する

TONEモバイルのアプリがGooglePlayからダウンロードできない場合は、

自宅のWiFiやコンビニや駅などに設置されている無料のWiFiに接続することでダウンロードができるようになります。

TONEモバイルは月額1000円という格安な料金の代わりに、通信速度を500kbps〜600kbpsを上限としています。

そのため、GooglePlayからアプリをダウンロードできなかったり時間がかかる場合があります。

この場合は、WiFi(無線LAN・無線アクセスポイント)に接続することでアプリをダウンロードできます。

夜中にダウンロードするとダウンロードできる場合がある

これはちょっとした裏技ですが、アプリがダウロードできない時は、

夜中の2時くらいまで待ってダウンロードするとダウンロードできることがよくあります。

この理由は、夜中はTONEモバイルの回線を使っている人が減るので回線が空いて速度ができるようになるからです。

WiFi環境がなくて高速チケットを購入しようと考えている場合は、この方法を試して見るもの一つの手です。

WiFi環境がない場合は高速チケットを使うとダウンロードできる

もしWiFi環境がない場合は、TONEモバイルには通信速度をアップさせる高速チケットというものがあるのでこちらを使うことでアプリをダウンロードできるようになります。

トーンモバイルは通信速度は通常、500〜600kbpsですが、高速チケットというものを使うことで通信速度を3Mbpsにして高速通信をすることができます。

TONEモバイルのオプション料金
  • 高速チケットオプション:300円/1GB(3Mbpsの高速通信が必要な時)
  • 高速チケットオプションの初期費用: 0円(無料

高速チケットの料金は300円/1GBとなっており1月に2回まで利用できます。

初期費用は0円の無料ですが、購入日より31日間のという有効期限があるので必要なときだけ利用するのがおすすめです。

TONEモバイルの高速チケットの購入方法や速度や料金などの詳細は以下の記事で詳しくまとめていますので参考にしてみて下さい。

TONEモバイルの高速チケットの料金や速度と使い方

アプリダウンロード後はWiFiの接続はいらない

TONEモバイルはアプリをダウンロードした後は、WiFiの接続も高速チケットもいらなくなります。

TONEモバイルの500kbps〜600kbpsの通信速度は問題なくアプリやゲームを使うことができるだけの通信速度なので高速チケットを使っているのはもったいないので、

アプリをダウンロードしたら高速チケットのスイッチはオフにしておきましょう。

「マイプラン設定」のスイッチを「スターダード」側に回すと高速チケットで購入したデータ量(ギガ)を消費しなくなります。

TONEモバイルは必要な時だけ高速チケットを使って高速通信ができる用になっているので無駄がありません。

TONEモバイルの公式サイト

スポンサーリンク

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけるとうれしいです(*^^*)

今だけ!月額料金3ヶ月無料(0円タダ!)+事務手数料3000円が無料!キャンペーン中!(>>TONEモバイル最新キャンペーンの詳細

スポンサーリンク