当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。このサイトの情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです(^^)

「TONE e19」の詳細スペックと評判・評価口コミレビュー

TONEモバイル(トーンモバイル)は2019年3月1日から「TONE e19」をリリースしました。縦横比が19:9の5.93インチ、1200万画素のデュアルカメラ、

顔認証に4,000mAhの大容量バッテリー、メモリ(RAM)は3GB、ストレージ(ROM)は32GBという性能でiPhoneやHuaweiに似た内容になり大幅に性能(スペック)が向上しています。

値段は一括払いで19,800円で分割払いでも選べ安全サービス「TONE あんしん AI」にも対応していて位置情報や行動履歴がわかり、アプリやスマホの制限もできるため子供や家族に持たせても安心の内容になっています。

価格が19,800円と安いのでiPhone XSの1台の価格で家族3世代全員がスマホを持てる価格になっています。TONE e19はNFCにも対応しています。

デュアルSIM・デュアルスタンバイ (LTE+3G)に対応し、海外旅行時なども現地SIMを購入して通信することが可能になりました。

ただし、TONE e19はサイフケータイや防水、ワンセグには非対応。

TONE m17はサイフケータイや防水、ワンセグに対応していますが2020年現在はTONE m17の販売は終了しTONE e19のみの販売となっています。

「TONE m19」の基本スペック・仕様

TONE e19のスペック・仕様一覧
  • TONE e19メーカー:富士通コネクテッドテクノロジーズ
  • TONE e19 OS:Android 8.1(Oreo)
  • ディスプレイパネル:5.93インチ液晶,解像度720×1512ドット,縦横比19:9
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 450」(最大CPU動作クロック1.8GHz 8コア)
  • メインメモリ容量:3GB
  • ストレージ:内蔵(容量32GB)+microSDXC(最大容量256GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約1200万画素
  • インカメラ:有効画素数約500万画素
  • バッテリー容量:4000mAh
  • 対応LTEバンド:FDD-LTE 1/3/8/19/26
  • 対応3Gバンド:W-CDMA 1/5/6/8/19
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11n(※5GHz帯対応)
  • Bluetooth対応:4.1
  • USBポート:Micro-B
  • 本体公称サイズ:153.6 x 73.1 x 8.9mm
  • 本体公称重量:約167.5g
  • SIMフリーなので海外でも他の格安SIMも利用可能
  • デュアルSIM・デュアルスタンバイ (LTE+3G)に対応
  • 名称:TONE e19
  • 販売価格:19,800円

TONE e19のサイズ(大きさ)は153.6 x 73.1 x 8.9mm

TONEモバイルのTONE e19のサイズ(大きさ)は153.6 x 73.1 x 8.9mmです。

最近主流になりつつある19:9の縦長ディスプレイで片手で持てるコンパクトなスマホになっています。

TONE e19の格安スマホのベンチマーク結果

TONE e19の格安スマホを「AnTuTu Benchmark」のアプリでベンチマークを測定してみた結果は「78882」となりました。

Snapdragon 450(1.8GHz オクタコア)なので想定どおりの結果で十分に高性能な結果となっていることを確認しています。

TONE e19のケースは豊富で好きなデザインを選べる

TONE e19のケースは多くの種類があるので好きなデザインのものが見つかるはずです。

TONE e19用の全ケースを別ページにまとめていますので見てみてください。

【保存版】TONEモバイルスマホe19のケースまとめ!画像大量で紹介!

TONE e19は4000mAhの大容量バッテリーを搭載

TONE e19は大容量の4000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。これはスマホで最大級のバッテリー容量でiPhoneよりもバッテリーが長持ちします。

ちなみにTONE m17は2580mAhだったのでかなり大容量なバッテリー容量に進化しています。

私は普通に使った感じだと3日は充電しなくても使えました。TONE m17と比べてもかなりバッテリー持ちが良くなって外で思いっきりスマホを使っても1日は充電なしで確実に持つようになりました。

iPhone XSのバッテリー容量は2658mAh、iPhone XS Maxのバッテリー容量は3174mAh、iPhone XRのバッテリー容量は2942mAhなので

かなりバッテリー容量が大きいことがわかると思います。

TONE e19はデュアルカメラ(二眼カメラ)を搭載

TONE e19はカメラのレンズが2つついているのでiPhone XやiPhone XSと同じようにポートレートで背景や前景が自然にぼけた写真を撮影できます

実際にTONE e19でポートレートモードで写真を撮影することがよくありますが一眼レフで撮ったかのような背景や前景がボケたプロのような写真が簡単に撮影できるので便利です。

武中
ポートレートモードを選択して写真撮影するだけで自動的に背景や前景がボケた写真が撮影できので重宝しています。

TONE e19は顔認証でロック解除できて便利

TONE e19は最新のスマホに普及してきている顔認証のロック解除にたいおうしているスマホです。

ロック解除操作をしなくてもスマホの利用者がスマホの画面を見るだけで自動的にロックが解除されます。

TONE e19はポートレート写真が撮影できる高性能スマホ

実際にTONEのTONE e19のスマホのポートレートモードで撮影した自分の写真になります。

背景が一眼レフで撮影したようにボケていてプロが撮影したような写真が撮影できます。

ポートレートモードで景色を撮影した写真です。境内に焦点を合わせて撮影しています。

安いスマホにありがちな彩度が低い写真ではなく鮮やかな色で撮影できます。

TONE e19は最新レンズの採用で夜景も綺麗に撮影できるようになりました。

他の格安スマホでありがちな、夜の写真は暗くなりすぎて録れない、看板の文字が読めないというようなことがなく、キレイな写真が撮影できます。

情報元: ascii.jp

TONEのスマホはTONE m14、m15、m17が過去に販売されていましたが今までのスマホはポートレートモードの撮影に非対応でした。

TONEのスマホのポートレート写真の撮影
  • TONE m14: ポートレート写真の撮影はできない ※販売終了
  • TONE m15: ポートレート写真の撮影はできない ※販売終了
  • TONE m17: ポートレート写真の撮影はできない ※販売終了
  • TONE e19: ポートレート写真の撮影に対応 ※販売中

TONE e19はポートレート写真撮影に必要な2つのカメラが搭載され、プロのような背景や前景がボケた写真を撮影することができるようになりました。

TONE e19は5.93インチの大画面ノッチ付きディスプレイを搭載

TONE e19は顔認証と指紋認証を搭載

TONE e19はiPhone XやX Max、iPhone XSやXS Max、Huawei nova lite 2やHuawei P20 liteなどに搭載されている顔認証と指紋認証に対応しています。

そのため、パターンやPINコードなどの弱いセキュリティではなく生体認証をつかってロックを解除する仕組みになったため、他人に不正利用されたり、盗難時に勝手に使われるということを防ぐことができるようになりました。

TONE e19の本体写真

画像出典: ITmedia Mobile

TONE e19のスマホは防水機能が無いから注意

TONE e19はTONE m17よりも新しいスマホですがTONE m17にはあった防水機能はありません。

そのため防水機能を求める場面で利用したい場合は、防水カバーなどをつけて使うようにしましょう。

今はダイソーやセリアなどでスマホの防水ケースが売っているのでこれをつけて使えば安心です。防水カバーの上からでも普通にタッチパネルの操作ができるので便利です。

TONE e19をおサイフケータイとして使う裏技

TONE e19にはおサイフケータイ機能はついていませんが、

Suica(スイカ)やPASMO(パスモ)などの電子決済に対応しているICカードをスマホ本体とケースの間に挟んでおけばおサイフケータイとして使えます。

トーンモバイルスマホTONE e19の手帳型ケース

日本全国のコンビニはSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)での決済に対応していますし、自動販売機もSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)での決済に対応しているので困ることはありません。

TONE e19は見守り機能・制限機能が充実

TONE e19でもTONEモバイルの前機種TONE m17やTONE m15で大人気だった「TONE あんしん AI」が使えます。

「TONE あんしん AI」は子供の現在位置をリアルタイムに確認し、あらかじめ設定した場所に出入りすると親に通知をしてくれる「ジオフェンス機能」や特定の学校や塾などの場所でアプリを使えないように制限する「ここだけアプリロック」、

子供のネット利用時間やGPSでの行動履歴、歩数や活動量など一日のネット及び日常生活の状況を保護者が一目でわかるようにまとめて確認できる「あんしんレポート」などがあり、子供や家族を見守ることができるようになっています。

「歩きスマホ警告」が新たに導入され、歩きスマホをしていると保護者に通知が届き「あんしんレポート」にも保存されるので後から親が確認することができるようになっています。

中学生以下は夜間スマホがロックされる

TONE e19は子供を持つ親の声を取り入れ、利用者(使用者)が12歳以下の場合は中学生の年齢になるまで

夜22時〜朝6時まで親への緊急電話以外のスマホの操作をロックする機能がつています。そのためスマホ依存やスマホ中毒などから子供を守ることができるようになりました。

もちろん親がこのロック時間を変更したりロックを掛けないようすることも可能です。

子供の行動で親に通知が届く「ジオフェンス機能」の強化

またTONE e19からは子供がしていた場所に入ったり出たりした場合に親に通知が届く「ジオフェンス機能」が強化されました。

例えば学校や塾、近づいてほしくない場所を設定しておくと、その場所に入ると自動的にスマホがロックされて利用できないようにすることができます。

「親が子供にスマホを使わせたくない場所」で子供がスマホを使えないように制限することができるわけです。これにより勉強や塾に集中させることができます。

行動サマリーレポートで子供の1日の行動履歴がわかる

TONEのスマホはGPSを使って親のスマホやパソコンからリアルタイムに子供の居場所を確認することもできますが、後から子供の1日の行動をレポートとして確認することができます。

たとえば何時何分にどの場所にいてどの方向に移動したのか、特定の時間にどの場所にいたのかなどを地図と時系列のレポートで確認可能です。

このレポートは毎日自動的に親の端末に送られて来るので自宅に帰ってからや就寝前に簡単にチェックをすることが可能です。

はじめての子供のスマホ=TONEモバイルのスマホと言われている理由には子供も見守る機能と制限機能が充実しているスマホだからです。

親目線にたって作られた「子供に持たせて安心なスマホ」「家族を見守れるスマホ」になっています。

TONEモバイルのスマホ以上に見守り機能や制限機能が充実しているスマホは存在しません。

親としてはTONEのスマホをもらせておくだけでしたいことがすべて最初からできるので安心して子供にスマホをもたせられます。

TONEモバイルは月額基本料金1000円だけで利用できる最安の格安スマホです。月額1000円でインターネットも通話も使い放題です。この料金でここまで利用制限と見守り機能が充実しているスマホは他に存在しません。

TONEモバイルのスマホe19は最新のノッチ付きディスプレイやデュアルカメラ、顔認証などを備えた高性能スマホです。

スマホ価格は安いですが、10万円ほどするiPhone XSやiPhone 11 Proと同じように使えるのでコスパ最高のスマホではじめてのスマホやガラケーからの乗り換えスマホとして爆発的に選ばれています。

どちらのスマホも子供やシニア向けスマホ、はじめてのスマホには十分すぎる性能なのでどちらを選んでも満足できるはずです。

TONE e19はケースも豊富なので、ケース選びにこまることもありません。

TONE e19はハイスペックなCPUと大容量メモリ、大容量バッテリーを搭載しているのでかなり快適にバッテリーの残量を心配することなく使うことができます。

※ 新型コロナウイルスの自粛の影響と学校の再開で爆発的な人気になっています。

TONEのスマホは月額1000円の料金だけで『ギガ無制限モバイルWi-Fiルーター代わり』として使えて「リモート授業」のネット回線&スマホとしても使えるため爆発的な人気になっています。

↑↑公式サイト、申込みはこちらから↑↑

在庫がなくなり次第、新規申込みの受付が休止となり、TONEのスマホが入手できなくなりますので今のうちに手に入れておくことを強くおすすめします。

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。このサイトの情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです(^^)

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけるとうれしいです(*^^*)