当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

「TONE m17」の詳細スペックと評判・評価口コミレビュー

TONEモバイルのスマホ(TSUTAYAのスマホ)に2017年8月1日からm17という新機種が追加されました。TONE m17はarrowsを販売している富士通コネクテッドテクノロジーズが製造する端末で防水防塵仕様で1310万画素の高画質カメラ、おサイフケータイ(モバイルFeliCa)、ワンセグに対応した高性能スマホになっています。

全国子ども会連合会、関東9都県市の推奨スマホにもなっており子供のはじめてのスマホには最適なスマホです。

見た目は富士通のarrows M04のよく似ていて価格以上の性能があるためメイン機としても十分に使えます。

防水、防塵、耐衝撃の技術を採用した「TONEダメージレス構造」によって、1.5mの高さから落としたり水に濡れたりしても、壊れないようになっています。防水性能はIPX5/8等級、防塵性能はIP6X等級を確保し、泡ハンドソープや家庭用液体洗剤で洗える防水性能があります。

子供がスマホを落下させたり汚したりしてもスマホを壊すこと無く綺麗にして使うことが可能になりました。

スポンサーリンク

「TONE m17」の基本スペック

  • メーカー:富士通コネクテッドテクノロジーズ
  • OS:Android 7.1.1(Nougat)
  • ディスプレイパネル:5.0インチ液晶,解像度720×1280ドット
  • 寸法:144mm×71mm×8mm
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 410」(MSM8916,CPUコア Cortex-A53×4,最大CPU動作クロック1.2GHz,Adreno 306 GPUコア)
  • メインメモリ容量:2GB
  • ストレージ:内蔵(容量16GB)+microSDXC(最大容量256GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約1310万画素
  • インカメラ:有効画素数約500万画素
  • バッテリー容量:2580mAh
  • 対応LTEバンド:FDD-LTE 1/3/8/19/26
  • 対応3Gバンド:W-CDMA 1/5/6/8/19
  • 待受時間:未公開
  • 連続通話時間:未公開
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11n(※5GHz帯対応)
  • Bluetooth対応:4.1
  • USBポート:Micro-B
  • 本体公称サイズ:71(W)×144(D)×8(H)mm
  • 本体公称重量:約148g
  • SIMフリーなので海外でも他の格安SIMも利用可能
  • 名称:TONE m17
  • 販売価格:34,800円

TONE m17は落下や水濡れ衝撃に強いタフなスマホ

スマホはどれだけ気をつけていても落下をさせてしまったり水濡れにあったり、ぶつけてしまったります。とくに子供にスマホをもらせると落としたり水の中に落としてしまったり落下させてしまうことは多々あります。我が家の子供もよくやります。

そのような度に壊れてしまうと修理代がかかりますし修理している間スマホが使えなくなるので困ります。

TONE m17は子供用スマホで唯一のタフネススマホです。

そのため水濡れや衝撃、落下などをしても高い耐久性があるため壊れること無く使えます。本体が汚れたときでも泡タイプのハンドソープで本体全体を洗浄することができるので汚れても自分で綺麗にすることができます。

TONE m17は性能がアップして使いやすくなった

TONE m17はあの富士通が開発したスマホなのでとてもよく出来ていて欠点らしい欠点が見当たりません。まずTONE m15と比べて1サイズ小さくなったので持ちやすくなりました。TONE m15は少し大きかった印象で子供が落とすこともありました。

そのため片手でも操作しやすくなり、操作性がかなり向上しています。また厚みも薄くなりTONE m15が8.6mmなのに対してTONE m17は8.0mmと見た目にも触った感じにも薄くなりました。

TONE m17は本体性能もアップしているためインターネットの重たいサイトの読み込みも一瞬で表示されます。今のところ高速チケットを使いたくなるようなことは1度もありません。

また、TONE m15は文字入力があまりしやすくなかった唯一の欠点が完璧に修正されTONE m17はiPhone並にかなりサクサクと文字入力ができます。快適そのものです。

TONE m17は見守り機能・制限機能が充実

中学生以下は夜間スマホがロックされる

TONE m17は子供を持つ親の声を取り入れ、利用者(使用者)が12歳以下の場合は中学生の年齢になるまで夜22時〜朝6時まで親への緊急電話以外のスマホの操作をロックする機能がつています。そのためスマホ依存やスマホ中毒などから子供を守ることができるようになりました。

もちろん親がこのロック時間を変更したりロックを掛けないようすることも可能です。

子供の行動で親に通知が届く「ジオフェンス機能」の強化

またTONE m17からは子供がしていた場所に入ったり出たりした場合に親に通知が届く「ジオフェンス機能」が強化されました。例えば学校や塾、近づいてほしくない場所を設定しておくと、その場所に入ると自動的にスマホがロックされて利用できないようにすることができます。

「親が子供にスマホを使わせたくない場所」で子供がスマホを使えないように制限することができるわけです。これにより勉強や塾に集中させることができます。

行動サマリーレポートで子供の1日の行動履歴がわかる

TONEのスマホはGPSを使って親のスマホやパソコンからリアルタイムに子供の居場所を確認することもできますが、後から子供の1日の行動をレポートとして確認することができます。

たとえば何時何分にどの場所にいてどの方向に移動したのか、特定の時間にどの場所にいたのかなどを地図と時系列のレポートで確認可能です。このレポートは毎日自動的に親の端末に送られて来るので自宅に帰ってからや就寝前に簡単にチェックをすることが可能です。

はじめての子供のスマホ=TONEモバイルのスマホと言われている理由には子供も見守る機能と制限機能が充実しているスマホだからです。親目線にたって作られた「子供に持たせて安心なスマホ」になっています。

TONEモバイルのスマホ以上に見守り機能や制限機能が充実しているスマホは存在しません。親としてはTONEのスマホをもらせておくだけでしたいことがすべて最初からできるので安心して子供にスマホをもたせられます。

TONEモバイルは月額基本料金1000円だけで利用できる最安の格安スマホです。月額1000円でインターネットも通話も使い放題です。この料金でここまで利用制限と見守り機能が充実しているスマホは他に存在しません。

TONEモバイルのスマホm17とm15の2種類から選べます。どちらを選んだかわからない場合は下記の内容でスマホを選べば間違いありません。

TONE m17とTONE m15は5000円の違いがありワンセグとおさいふケータイが必要な場合やよくスマホを落としたり水に濡らしてしまう方はm17を、この2つの機能が不要な方はm15で十分です。どちらのスマホも子供やシニア向けスマホ、はじめてのスマホには十分すぎる性能なのでどちらを選んでも満足できるはずです。スマホをハードに使う場合はTONE m17を選んで置きましょう。TONE m17はarrows M04とほぼ同じなのでハイスペックな名機です。

TONEモバイル公式サイト


8/31まで限定!6ヶ月間 月額料金0円(タダ)キャンペーン中!

スポンサーリンク

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

スポンサーリンク