当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。このサイトの情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです(^^)

【必見】トーンモバイルのスマホは海外で利用可能!?詳細を解説

結論から先に書くと、トーンモバイルのe20、e19、m17、m15、m14のすべての端末が「SIMフリー端末」なので海外で使えます

トーンモバイルのスマホは国際ローミングサービスに対応しているため海外でも音声通話とデータ通信が利用可能です。

トーンモバイルのスマホを海外旅行や海外出張の時に持って行ったら利用できるのか気になるかと思いますが問題なく使えます。

武中
今は海外の空港でSIMカードが売っているのでそれを購入すれば空港に着いたらすぐにインターネットが使えます。
トーンモバイルのスマホ
  • TONE e20: SIMフリー端末 (海外で購入したSIMカードが使える)
  • TONE e19: SIMフリー端末 (海外で購入したSIMカードが使える)
  • TONE m17: SIMフリー端末 (海外で購入したSIMカードが使える)
  • TONE m15: SIMフリー端末 (海外で購入したSIMカードが使える)
  • TONE m14: SIMフリー端末 (海外で購入したSIMカードが使える)

データ通信はWiFiのみとなります。海外は日本と違って無料のWiFiスポットが多くあるのであまり困ることはありません。

トーンモバイルの公式サイトでもっと詳しく

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トーンモバイルのスマホは海外でも利用できる

トーンモバイルのスマホは、海外で国際電話ができる「国際ローミングサービス」に対応しています。

国際ローミングサービスとは、海外の現地の設備を使って音声通話をするための仕組みです。

090音声通話オプションを使っている場合は、「国際ローミングサービス」が月額0円の無料で利用できるので090音声通話オプションを契約している方は一緒につけておくと便利です。

海外でもLINEやスカイプ、インターネットが利用できる

トーンモバイルのスマホは海外でもWiFiに接続することでインターネット回線が利用可能です。

そのためLINEやスカイプ、インターネットや050の音声通話(TONE契約時に最初からついてくる050の電話番号)、TwitterやFacebook、カカオトーク、viberなどが利用可能です。

海外で国際電話を利用したくない場合は、LINEの音声通話やSkype、Viberなどの無料音声通話を利用すれば発信も着信もどちらも完全無料で何時間でも通話が可能です。

海外での音声通話も日本にいるときと通話品質は全く同じです。

トーンモバイルを海外で利用する場合の注意点

電話を着信した場合も通話料金が発生する

まず、090音声通話オプション+「国際ローミングサービス」を利用している時は今まで使っていた080/090/070の電話番号で発信も着信も可能です。

日本にいる時は着信時は一切通話料金は発生せず、発信したときだけ通話料金が発生します。しかし、海外では違います。

海外では発信時だけでなく、着信時も通話料金がかかります

トーンモバイルの着信と発信の通話料金
  • 海外での着信: 通話料金有料
  • 海外からの発信: 通話料金有料

しかも日本の時と比べて通話料金が高くなるので注意が必要です。WiFi環境があればLINEの無料通話やSkype、050の電話を使うことで海外にいながら無料で通話をすることが可能です。

トーンモバイルのスマホの海外での通話料金
  • 外国から日本へ発信: 140円/60秒
  • 日本から着信を受けた場合: 175円/60秒

インターネットは海外のWiFiを利用する

トーンモバイルのスマホに刺さっているSIMカードはdocomoのSIMカードのためドコモのアンテナがない海外では利用できません。

しかしWiFiは世界共通なので利用することができます。そのためインターネットは現地のWiFiを利用することでインターネットが利用可能です。

海外は日本と違ってWiFi環境がとても整備されています。

ホテルはもちろん、主要な観光地や駅、バス停、カフェやショッピングモールなどほとんどの場所で無料のWiFiが提供されているので日本のようにWi-Fiを探さないといけないようなことがほとんどなくまず困ることはありまえん。

トーンモバイルのスマホ「TONE」は現地のSIMカードを購入して挿入すればインターネットが利用可能

トーンモバイルのスマホはすべての端末がSIMフリー端末OSはAndroidです。

SIMフリーの端末にトーンモバイルのスマホのSIMカードが挿入されて、セットでトーンモバイルのスマホとして販売されているものです。

トーンモバイルのスマホ
  • TONE e20: SIMフリー端末 (海外で購入したSIMカードが使える)
  • TONE e19: SIMフリー端末 (海外で購入したSIMカードが使える)
  • TONE m17: SIMフリー端末 (海外で購入したSIMカードが使える)
  • TONE m15: SIMフリー端末 (海外で購入したSIMカードが使える)
  • TONE m14: SIMフリー端末 (海外で購入したSIMカードが使える)

トーンモバイルのe20、e19、m17、m15、m14のすべての端末が「SIMフリー端末」です。

海外に行くと現地でSIMカードが販売されています。

トーンモバイルもスマホはSIMフリー端末なので海外の現地で購入したSIMカードに挿し替えてSIMカードを購入したパッケージに記載されているAPNの情報を入力するだけ海外でもインターネットが使えるようになります。

武中ママ
私も仕事で海外に行くときはトーンモバイルのスマホを持っていって、現地の空港でSIMカードを購入してトーンモバイルのe20にSIMカードを挿して帰国するまでインターネットを使っています。

LINEもLINE通話もメールもインターネットもすべて使うことができるのでとても便利です。

もちろんテザリングも利用できるので1枚のSIMカードの購入だけでほかのスマホやタブレット、パソコンを同時にインターネットにつなげることが可能です。

トーンモバイルの公式サイトでもっと詳しく>>

※ 新型コロナウイルスの自粛の影響と一部学校の再開で爆発的な人気になっています。

TONEのスマホは月額1100円の料金だけで『SMSと090電話付き』『ギガ無制限モバイルWi-Fiルーター代わり』として使えて「リモート授業」のネット回線&スマホとしても使えるため爆発的な人気になっています。

↑↑公式サイト、申込みはこちらから↑↑

在庫がなくなり次第、新規申込みの受付が休止となり、TONEのスマホが入手できなくなりますので今のうちに手に入れておくことを強くおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。このサイトの情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです(^^)

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけるとうれしいです(*^^*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク