最終更新日:2017/12/11

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【必見】TONEモバイルは山間部や田舎、山奥や登山でも使えますか?

月額料金1000円だけで使えるTSUTAYAのスマホTONEモバイルは山間部や地方、山奥や登山や地下、地下鉄などで電波が入るのか使えるのかは気になるかと思います。

結論から先に書くと、TSUTAYAのスマホTONEモバイルは山間部や田舎、山奥であっても登山であってもつながらない場所を見つけるのが難しいくらい電波はどこでも入り使えます。北海道や四国、九州や沖縄でももちろん電波の状態は良好です。

なぜならTONEモバイルはdocomoの回線と設備を使っているスマホなのでエリアはdocomoと全く同じになります。docomoのスマホや携帯の電波の入る場所であればTONEモバイルのスマホも同じように電波を掴んで使うことができます。3G通信やLTE通信、通話はすべてドコモのエリアと同じで利用できます。

TONEモバイル

スポンサーリンク

TONEモバイルのスマホは山間部や山奥登山や地下でも電波が入って繋がります

TONEモバイルのスマホは月額1000円という驚異的な月額料金で利用できますが、この価格のため電波の入り具合が気になるかと思います。私もTONEモバイルを使う前はやすかろう悪かろな電波の入り具合だったらどうしよう。と思っていましたが、

いい意味で期待を大きく上回り、

TONEのスマホは電波の入りは電波が入らない場所を探すのが難しいくらいどこもで電波を掴んでいます。出張でよく日本中を動き回りますが、北海道、四国、九州、沖縄でも電波の入りはとてもよくTONEモバイルはdocomoの回線を使っているだけあって信頼性がとても高いことを実感しています。

TONEモバイル(トーンモバイル)の電波状況
  • つながらない場所を見つけるのが困難なほど電波の入りが良い

TONEモバイルは大手docomoの回線と設備、アンテナを使用している

都内の地下鉄の都営地下鉄や東京メトロでも電波は途切れることはなく入りますし、新幹線の中でも通話もインターネットも快適にすることができています。

登山にもよく行きますが高尾山や富士山、赤岳、南アルプスなどでも全く問題なく電波が入り駐車場から山頂までずっと電波を掴んでいてかなり優秀だと感じます。auやソフトバンクを使っている人は電波がない場所がけっこうありました。

そのため山頂で写真を撮影してLINEですぐ送信するということもできるので電波のことは全く心配していません。TONEのスマホの電波の入らない場所であればdocomoやau、ソフトバンクのスマホも電波は入りません。

TONEモバイル(トーンモバイル)の人口カバー率
  • TONEモバイルの人口カバー率: 100%(docomoの設備や回線使用のため)

TONEモバイルはdocomoのアンテナと設備を使っています。docomoは大手3キャリアの中で一番電波の状態がよく人口カバー率100%です。そのため今まで1度も電波が入らない場所に遭遇したことはなくとても安定して使えています。

田舎は地方はdocomoのアンテナや設備が充実している

田舎や地方が電波が入らない?と思うかもしれませんが、実は田舎や地方はドコモが膨大な投資をして設置したアンテナや設備があります。そのためどれだけ山奥の田舎や地方であってもdocomoのスマホは基本的に電波があって繋がります。

TONEモバイルはそのdocomoのアンテナや設備を使っているスマホのためdocomoのアンテナや設備が設置されている場所であれば同じように繋がります。もし自分の地域でTONEモバイルが使えるのか心配であればドコモのスマホや携帯を使っている家族や友達に電波の入り具合を聞いてみるといいでしょう。

TONEモバイルを田舎や地方で使う
  • TONEモバイル: 田舎や地方での電波の入り具合はかなり良い 

基本的にdocomoのスマホや携帯で電波が入っている場所であれば同じように利用できます。

TONEモバイルの公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

過去最強!今だけ!同一名義で同時に2台以上契約で1回線あたり月額料金6ヶ月無料(0円タダ!)キャンペーン中!(>>TONEモバイル最新キャンペーンの詳細

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

スポンサーリンク