当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【保存版】トーンモバイルのスマホ機種代・支払総額のすべて

トーンモバイルは月額料金が1000円ですが、他の格安スマホと同様にスマホ代金は別にかかります。ここではトーンモバイルのスマホ機種代と契約時、申込み時の支払い金額の総額と月額料金の内訳を詳しく紹介します。

トーンモバイルのスマホ機種代はTONE e19がTONEモバイルのキャンペーン割引で19,800円でTONE m17が24,800円です。

この機種代は一括でも分割(最大24回)でも支払うことが可能です。

トーンモバイルを解約してもスマホは手元に残り格安SIMを挿して使えるので無駄がありません。2年使ったあとでも子供用やサブスマホであれば十分に使えるだけの性能があります。

TONEモバイル

トーンモバイルのスマホ機種代の詳細まとめ

TONEモバイルのスマホTONE e19とTONE m17の2種類から選べます

TONE m15は販売を終了したので新規で契約はできません

最新の機種はTONE e19でデュアルカメラやワイドディスプレイ、指紋認証や顔認証が使えます。TONE e19にはワンセグやおさいふケータイ、防水や落下の耐久性能はついていません。

TOME m17は耐久性にすぐれたタフスマホで、ワンセグとおさいふケータイが必要な場合やよくスマホを落としたり水に濡らしてしまう方はTONE m17を、

この2つの機能が不要な方やiPhoneXやiPhoneXS、Huawei P20 liteやnova lite2,3のようなデザインのスマホが好みだったり、高性能のスマホを使いたい場合はe19を選ぶのがおすすめです。

TONE e19 – ワイドディスプレイやデュアルカメラ、大容量バッテリー搭載の超高性能スマホ

  • TONE e19の機種代: 19,800円(税抜)
  • 月額料金: 1000円
  • 事務手数料: 3000円(初回のみ)

TONE m17 – ワンセグおさいふケータイ、防水防滴機能付きの高耐久高性能スマホ

  • TONE m17の機種代: 24,800円(税抜)※期間限定1万円引き中!
  • 月額料金: 1000円
  • 事務手数料: 3000円(初回のみ)
武中ママ
よくスマホを落としたり水に付けてしまう年齢の低い子供には落下の耐久性があって防止や防滴性能があるm17のほうがいつも気をつけていなくていいのでm17のほうがいいと思います。
武中
一番高性能なスマホが欲しい場合はTONE e19を選んでおけば間違いありません。

トーンモバイルの申込・契約時の支払総額

トーンモバイルの申し込み、契約時の支払金額は

トーンモバイルの機種代+月額料金+事務手数料のみです。

ここでは水没や落下などの破損でも新品交換してくれる補償制度の安心オプションを追加していますので月額料金が1500円となっていますが、安心オプションをつけない場合は月額料金は1000円だけです。

トーンモバイルの初月の月額料金は「日割り」計算です。

そのため月のどのタイミングで申し込んでも損をすることがありません。使った日数分だけの支払いになります。

申し込み時の支払い料金では日数関係なく1000円と表示されますが実際に請求されるのは日割り計算された月額料金になります。

また他の格安スマホや大手キャリアのdocomo、au、ソフトバンクでのスマホの購入と同じです初期費用と機種代がかかります。

トーンモバイルの月額料金の詳細

トーンモバイルの月額料金は基本月額料金(1000円)+オプション代となっています。

例えばSMSが必要であればSMSオプションがつけられますがこのSMSオプションは月額100円となっているのでこの場合は基本月額料金(1000円)+オプション代(100円)=1100円となります。

TONEモバイルのオプション料金一覧

TONEモバイルのオプション料金
  • SMSオプション:月額100円 (電話番号でメッセージを送れるようになる)
  • 090音声オプション:月額953円(090/080/070の電話番号の音声通話)
  • 高速チケットオプション:300円/1GB(3Mbpsの高速通信が必要な時)
  • フラットパックオプション:月額500円(IP電話1,260円分の通話+⾼速チケット300円2回分)
  • 安心オプション:月額500円(商品破損・盗難時の保証)
  • TONEファミリーオプション:月額0円(利⽤状況、位置情報や利⽤制限を管理、歩きスマホの警告など)

【保存版】TONEモバイルのプランと料金一覧まとめ

トーンモバイルのTONE e19とTONE m17の選び方

TONE e19 – ワイドディスプレイやデュアルカメラ、大容量バッテリー搭載の超高性能スマホ

TONE m17 – ワンセグおさいふケータイ付き高耐久高性能スマホ

TONEモバイルのスマホにはTONE e19、TONE m17、TONE m15の3種類がありますが2019年現在販売されているのはTONE e19とTONE m17の2つの機種です。

TONEのTONE e19、TONE m17スマホの選び方

TONEモバイルのスマホTONE e19とTONE m17の2種類から選べます

TONE m15は販売を終了したので新規で契約はできません

最新の機種はTONE e19でデュアルカメラやワイドディスプレイ、指紋認証や顔認証が使えます。TONE e19にはワンセグやおさいふケータイ、防水や落下の耐久性能はついていません。

TOME m17は耐久性にすぐれたタフスマホで、ワンセグとおさいふケータイが必要な場合やよくスマホを落としたり水に濡らしてしまう方はTONE m17を

この2つの機能が不要な方やiPhoneXやiPhoneXS、Huawei P20 liteやnova lite2,3のようなデザインのスマホが好みだったり、高性能のスマホを使いたい場合はe19を選ぶのがおすすめです。

武中ママ
よくスマホを落としたり水に付けてしまう年齢の低い子供には落下の耐久性があって防止や防滴性能があるm17のほうがいつも気をつけていなくていいのでm17のほうがいいと思います。
武中
一番高性能なスマホが欲しい場合はTONE e19を選んでおけば間違いありません。

TONE e19とTON m17の詳細な内容とレビューは以下のページでまとめています。

TONE e19、TONE m17とではTONE e19が新機種なだけあって全体的な性能はアップしています。

しかし防水性能や防塵性能、落下性能はTONE m17のほうが上でワンセグやおさいふケータイもついているので使い方によって選ぶのがいいです。

項目TONE e19(新機種)TONE m17
価格(税抜)1万9800円3万4800円
メーカー富士通コネクテッドテクノロジーズ富士通コネクテッドテクノロジーズ
Android OS8.17.1.1
メモリROM:32GB
RAM:3GB
外部記憶領域:microSDカード(最大256GB)
ROM:16GB
RAM:2GB
外部記憶領域:microSDカード(最大256GB)
バッテリ4000mAh2580mAh
カメラ背面1,200万画素
前面500万画素
1,080p動画撮影対応
背面1,310万画素
前面500万画素
1,080p動画撮影対応
重量約167.5g約148g
ディスプレイ720×1512ピクセル 5.93インチHD720×1280ピクセル 5インチHD
防水性能なしIPX5/IPX8相当
防塵性能なしIP6X相当
おサイフケータイなし機能あり
ワンセグなし機能あり
テザリング◯ 対応◯ 対応

※表は横スクロールできます。

【必見】子供用のはじめての格安スマホは「TONE」が選ばれている理由

TONEモバイルの公式サイト

今だけ!期間限定!7/31(水)まで!「TONE契約者全員」月額料金3ヶ月無料(0円タダ!)キャンペーン中!(>>TONEモバイル最新キャンペーン

スポンサーリンク

当サイトはあなたのお役にたつために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけるとうれしいです(*^^*)